館山北条町(たてやまほうじょうまち)は、昭和戦前期の短期間、千葉県安房郡に存在した町である。現在の館山市の中部にあたる。

館山北条町
廃止日 1939年11月3日
廃止理由 新設合併
館山北条町那古町船形町館山市
現在の自治体 館山市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
安房郡
隣接自治体 那古町、国府村館野村
豊房村神戸村西岬村
館山北条町役場
所在地 千葉県安房郡館山北条町
館山北条町の位置(千葉県内)
館山北条町
 表示 ウィキプロジェクト

1933年昭和8年)に、館山町北条町が合併(新設合併)してできた町であるが、6年後に他の2町と合併し、館山市が新設された。

歴史編集

1933年昭和8年)、館山町北条町が合併して館山北条町が新設された[1]。新町名について両町の議論がまとまらず、連名とすることで妥協が成立した[2]

1939年(昭和14年)に館山北条町・那古町船形町が合併して市を新設することとなったが、名称を巡る議論が再燃[2]。旧北条町の住民は「安房市」を、旧館山町の住民は「館山市」を主張したとされる[2]。結局、地図に館山湾が掲載されていること、館山海軍航空隊が所在することをもって館山市となった[2]

行政区画・自治体沿革編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ 池田和弘『北条村史』宮澤治海、2001年4月19日、158頁。
  2. ^ a b c d なぜ館山という名前なの?”. たてやまGENKIナビ. 2018年3月27日閲覧。

関連項目編集