メインメニューを開く

饗庭氏(あえばし/あいばし)は、日本氏族源頼光を祖とする摂津源氏の流れを汲む土岐氏美濃源氏)の支流。

饗庭氏
No image available.svg
本姓 摂津源氏庶流土岐氏光行流
家祖 饗庭光俊
種別 武家
出身地 美濃国大野郡饗庭
著名な人物 饗庭氏直
支流、分家 多治見氏
凡例 / Category:日本の氏族

土岐光行の子・饗庭光俊を祖とする。相場氏相羽氏と同音であり、これに通じている。

目次

相場姓の由来編集

  • 由来
    • 神を招きもてなす聖地に由来している。
※”アエバ”→神に捧げ物を奉る場所を示し、相場の”場”→古代は祭を行う広場を意味し、中世以降は宮を建てて神の鎮座地を意味するようになった。
  • 詳細
    • 相応と願い事が終わると神が山に帰ると場は再び平地に戻る。
しかし、しばしば神を招くので、庭をきれいに掃き清められた空閑地とし、一種の祭場の役目も果たすようになった。
ちなみに、場には、柱や神木などを配置した。
”会”、”合”、”相”→「神に会う」を意味する。
  • 読み方
    • 正訓 アエバ(アヘバ)、異訓 アイバ →現在では地名も読み方も”アイバ”とする方が多数を占めている。
※”アヘバ”→大変古い大和言葉。
  • 美濃国大野郡饗庭近江国高島郡饗場(相場)を本貫の地とする流れがあらわれ、相羽は饗庭、饗場、相場などに通じ用いられた。
  • 近江の饗庭(相羽、相場)も光俊の子孫であるという。
  • 『興地志略』に近江の相場氏は、源頼朝の近臣相場三郎、美少年六千騎を集めた花一揆を率いた足利尊氏の側近饗庭命鶴丸がこの地を領したことが比叡山延暦寺の旧記に記載されている。

以上のことなどから、鎌倉より室町に至る間、この地の領主の氏族であったことがうかがえる。

長享元年(1487年)常徳院(足利義尚)江州動座着到に遠州饗庭太郎とあり、遠江国にも饗庭氏が存在していたことを知る。相羽という人が近代まで静岡県森町にいて、「今川義元の家老であったが桶狭間の戦いで敗れ、森町に逃げてきた」と口伝いにつたわっている。

また、饗庭命鶴丸は三河の人であるといい、近世、徳川幕府御家人に相場氏がある。恐らく三河、或いは甲斐の饗庭氏より出て幕臣となったものと思われる。

人物編集

歴史上著名な人物は以下の通り。

寛政重修諸家譜』『断家譜』に相場家の記載がある。
本国下野徳川幕府御家人
下野生まれ、桜田卿殿御小人、賜十五俵二人扶持、延宝三年(1675年)乙卯八月没。
下野生まれ、延宝三年(1675年)乙卯於桜田卿殿跡目、直御小人、元禄十二年(1699年)已卯十月天英院様御用部屋書役、御足五俵、御隠居、同十七年(1704年)甲申三月没。
下野生まれ、元禄十六年(1703年)癸末十二月十二日家督、直御用部屋書役、宝永元年(1704年)甲申十二月西丸供奉、同六年已丑十一月加賜五俵、同七年庚寅十二月御足十俵一扶持、合三十俵三人扶持、正徳元年幸卯十月天英院様御侍、御足米合賜八十俵五人扶持、享保十八年癸丑三月十一日同所御用達、元文二年丁巳七月没。
江戸生まれ、元文二年(1737年)丁已九月甘九日跡目、入小普請松平主計頭組、同五年庚申八月十一日為田安小十人組、寛保二年壬戌三月廿五日依病気入小普滝川藩磨守組、寛延四年幸未五月廿一日為表御右筆、宝暦十二年壬三月十九日没、葬根津瑞正寺。
宝暦十一年(1761年)甲巳生江戸、同年十二年壬午五月三日跡目八十俵五人扶持、為妻木平四郎支配、後入小十人組三浦和泉守組時寛政六年甲寅十一月二日表御右筆、同七年乙卯四月三日奥御右筆見習。
江戸生まれ。

足利郡田島村野内勇八の二男。足利藩士相場兵左衛門朋克の養子となり相場家を嗣ぐ。足利藩剣術世話役。藩論の勤皇への転換に絵画の師の田崎草雲とともに尽力。草雲が組織した足利藩の農兵隊「誠心隊」幹事。維新後神祇官に奉職するもまもなく辞して足利に戻り足利学校の保存に余生をささげる。
1842年天保13年)に生まれる。1865年慶応元年)、 土方歳三伊東甲子太郎斎藤一藤堂平助ら江戸下りの折に新選組に加盟。 江戸での新撰組隊士募集に応じて入隊する。その時二十四歳。
杢左衛門は相場好善の第4子として1855年(安政2年)8月、現在の東京都神田小川町にあった足利藩邸で生まれる。その後、足利に法律学校を創立。足利銀行の設立に尽力。設立後、支配人として足利銀行の発展に尽くす。  

幕末の佐貫藩家老。神道無念流

騎西・川越藩松平周防守(松井)の家臣、明治元年川越藩分限帳に「先銃隊頭・百二十石・亡父又左衛門・相場次郎太夫四十四歳、五人扶持・父次郎太夫・相場又之丞・十九歳、御馬廻・百三十石・亡養父徳三郎・相場忠次郎・二十歳、下目付役・八石二人扶持・亡養父原一郎・相場小太郎・二十九歳」の記載がある。
葛飾郡八丁目村(春日部市) 香取社文政十年御神燈に相場友吉がある。
高麗郡飯能町 明治三十五年運送店醤油塩商相場新平がある。

『新肥後細川藩侍帳』

九番小笠原民部少輔組 三百石 (真源院様御代御侍名附)。
沢村宇右衛門組 組脇 三百石 (寛文四年六月・御侍帳)。
延宝五年十二月 御暇被遣候。
三百石(真源院様御代御侍免撫帳)。


関連名所編集

上相場・下相場 饗庭神社 饗庭御厨
饗庭郷御厨新田
  • 滋賀県高島市新旭町旭
饗庭神社
  • 滋賀県甲賀市甲南町竜法師/龍法師
饗庭城(饗庭城跡/饗庭城/合羽城)
饗庭河内守
  • 愛知県西尾市吉良町饗庭
三河国幡豆郡相場(饗庭)村
饗庭神社 三河国饗庭御厨
饗庭城
饗庭氏直(饗庭命鶴丸)
  • 岐阜県揖斐郡大野町相羽
相羽城
美濃国大野郡相羽庄
饗庭光俊

脚注編集

参考文献・資料編集

  • 『足利市立教育研究所』[要文献特定詳細情報]
  • 日本家系家紋研究所、新井康友編、 『相場相羽一族』 日本家系家紋研究所、1988年4月。全国書誌番号:88039455 
資料
  • 『寛政重修諸家譜』
  • 『断家譜』
  • 『新肥後細川藩侍帳』


関連項目編集