メインメニューを開く

香取 秀俊(かとり ひでとし、1964年9月27日 - )は、日本工学者。東京大学大学院物理工学専攻教授、理化学研究所招聘主任研究員/チームリーダー(兼任)。東京都北区出身[1]

目次

経歴編集

学歴編集

  • 茨城県立土浦第一高等学校卒業
  • 1990年3月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 修士課程修了
  • 1991年7月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 博士課程中途退学
  • 1994年10月 東京大学大学院 論文博士(工学)

職歴編集

  • 1991年 東京大学工学部・教務職員
  • 1994年-1997年 東京大学工学部・助手
  • 1994年 東京大学大学院 論文博士(工学)
  • 1994年 ドイツ、マックスプランク量子光学研究所客員研究員
  • 1997年 科学技術振興事業団・戦略的創造研究推進事業 研究員
  • 1997年 科学技術振興事業団 五神協同励起プロジェクト・基礎グループリーダー
  • 1999年 東京大学工学部附属総合試験所 協調工学部門・助教授
  • 2002年 科学技術振興事業団・さきがけ研究・研究員兼務
  • 2005年 東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・助教授
  • 2005年 科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・研究代表者
  • 2010年 東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻・教授(2015年11月現職)
  • 2010年 科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業・ERATO香取創造時空間プロジェクト研究総括(2015年11月現職)
  • 2011年 理化学研究所・基幹研究所・香取量子計測研究室・招聘主任研究員
  • 2014年 理化学研究所基幹研究所・香取量子計測研究室・招聘主任研究員および光量子工学研究領域・エクストリームフォトニクス研究グループ・時空間エンジニアリング研究チーム・チームリーダー兼任 (2015年11月現職)
  • 2014年4月 チュービンゲン大学(ドイツ)Distinguished Guest Professorに招聘(2017年3月まで)

受賞歴編集

業績編集

光格子を開発し、超精密な原子時計を作った。

  • Ichiro Ushijima,Masao Takamoto,Manoj Das,Takuya Ohkubo,H. Katori ,"Cryogenic optical lattice clocks",Nature Photonics 02/2015; 9(3). DOI: 10.1038/nphoton.2015.5
  • A. Yamaguchi, M. Fujieda, M. Kumagai, H. Hachisu, S. Nagano, Y. Li, T. Ido, T. Takano, M. Takamoto, and H. Katori, “Direct Comparison of Distant Optical Lattice Clocks at the10-16 Uncertainty,” Appl. Phys. Exp. 4, 082203 (2011).(第34回応用物理学会論文賞)
  • H. Katori, K. Hashiguchi, E. Yu. Il'inova, V. D. Ovsiannikov, “Magic Wavelength to Make Optical Lattice Clocks Insensitive to Atomic Motion,” Phys. Rev.Lett. 103, 153004 (2009). (魔法波長)
  • M. Takamoto, F.-L. Hong, R. Higashi, Y. Fujii, M. Imae and H. Katori, “Improved Frequency Measurement of a One-Dimensional Optical Lattice Clock with a Spin-Polarized Fermionic 87Sr Isotope,” J. Phys. Soc. Jpn. 75, 104302 (2006). (日本物理学会 第18回論文賞)
  • Masao Takamoto,Feng-Lei Hong,Ryoichi Higashi & Hidetoshi Katori,"An optical lattice clock",Letters to Editor,Nature 435, 321–324 (19 May 2005) | doi:10.1038/nature03541
  • H. Katori, “Spectroscopy of strontium atoms in the Lamb-Dicke confinement,” in the 6th Symposium on Frequency Standards and Metrology, edited by Patric Gill (World Scientific, Singapore, 2002), pp. 323-330.(光格子時計の最初の提案)
  • H. Katori, T. Ido, and M. K.-Gonokami, “Optimal design of dipole potentials for efficient loading of Sr atoms,” J. Phys. Soc. Jpn., 68, 2479-2482 (1999).(日本物理学会第6回論文賞)
  • H. Katori, T. Ido, Y. Isoya, and M. K.-Gonokami, “Magneto-optical trapping and cooling of strontium atoms down to the photon recoil temperature,” Phys. Rev. Lett., 82, 1116-1119 (1999).

引用・脚注編集

外部リンク編集