メインメニューを開く

フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞

フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞(フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルトしょう、: Philipp Franz von Siebold-Preis)は、日本ドイツにおける文化および社会のよりよい相互理解の促進に貢献し、学問上すぐれた業績をあげた日本人研究者に贈られる賞。 名称は、ドイツの医師博物学者である、フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルトの名に由来する。

概要編集

1978年にドイツ連邦共和国政府によって設立された賞で、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団より授与される。ドイツにおける日本人研究者を対象とする最も権威のある賞とされる。受賞資格は、50歳未満でドイツ語の実務能力を有するの日本人研究者である。

毎年、各大学の学長や過去のジーボルト賞受賞者等の推薦を元にドイツ学術交流会東京事務所が選考を行い、受賞者は、ベルリンで行われる授賞式において、ドイツ連邦共和国大統領より直接賞を授与される。また、賞金として5万ユーロが支給され、1年間のドイツ連邦共和国での研究滞在に招待される。

歴代受賞者編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集