メインメニューを開く

香川アイスフェローズ(かがわアイスフェローズ KAGAWA ICE FERROWS)は、香川県高松市を中心に活動する社会人アイスホッケーチームである。ホームリンクはトレスタ白山アイスアリーナ

香川アイスフェローズ
原語表記 香川アイスフェローズ
愛称 フェローズ
クラブカラー
創設年 1966年
所属リーグ Jアイス・ウエスト・ディビジョン
本拠地 香川県
ホームリンク Tresta Shirayama Ice Arena1.jpg
トレスタ白山アイスアリーナ
代表者 安岡章夫
監督 北川真史
公式サイト 公式サイト
Template(ノート 解説)
Jアイスウエスト(VS兵庫)

概略編集

チームは1966年に「高松国際アイスホッケークラブ」の名で結成。ホームリンクはチーム名の由来ともなった「高松国際スポーツパレス」であったが、1997年に閉館したため、同年に開場した「ウェルサンピアさぬきアイスアリーナ」(現在のトレスタ白山アイスアリーナ)に移転している。その後、2000年穴吹工務店がチームの一部支援を開始し、チーム名を「サーパス穴吹アイスホッケークラブ」に変更[1]2007年には地域密着型のクラブを目指して「サーパス香川アイスホッケークラブ」に改称し、さらに2009年には南国四国香川県の氷上の仲間達を意味するチーム名・「香川アイスフェローズ」に再度改称した。

主戦場は2005年より発足したJアイス・ウエスト・ディビジョンで、他にも全日本アイスホッケー選手権での上位進出やアイスホッケーの普及などを目標に活動している。冬季国民体育大会アイスホッケー競技の香川県選抜はこのチームが母体となっており、2011年青森はちのへ国体で準優勝するなど好成績を上げている[2]。かつては同じチーム名を有する高校生以下によるJr.部門チームや、女子部門チームも備えていたが、現在はフェローズとは別のチーム名となり活動している。

親会社を持たないクラブチームのため、スタッフ・選手は香川県内の企業に勤めながら、クラブの活動に参加している。

沿革編集

  • 1966年(昭和41年)10月 高松国際スポーツパレスを本拠として、「高松国際アイスホッケークラブ」と「高松国際ジュニアアイスホッケークラブ」を結成。
  • 1969年(昭和44年) 冬季国民体育大会成年の部に初出場
  • 1971年(昭和46年) 国体で初のベスト8
  • 1977年(昭和52年) 国体少年の部初出場(ジュニア)
  • 1992年(平成2年)10月 女子チーム、「高松国際女子アイスホッケークラブ」を結成
  • 1997年(平成9年) 高松国際スポーツパレス閉館によりホームリンクをウェルサンピアさぬきに移転
  • 2000年(平成12年)10月 チーム名を「サーパス穴吹アイスホッケークラブ」に改称(Jr、女子とも)
  • 2004年(平成16年)2月 全日本アイスホッケー選手権大会に初出場 
  • 2005年(平成17年)2月 全日本選手権で初のベスト8進出を果たす[3]
  • 2005年(平成17年)9月  Jアイス・ウエスト・リーグ(現Jアイス・ウエスト・ディビジョン)が発足。参戦決定[4]
  • 2005年(平成17年)11月 第1回Jアイス・ウエスト・リーグが開幕
  • 2006年(平成18年)1月 リーグ戦全日程が終了し、全勝で初代王座に輝く
  • 2007年(平成19年)11月11日 チーム名を「サーパス香川アイスホッケークラブ」に改称(Jr、女子とも)
  • 2009年(平成21年)8月1日 チーム名を「香川アイスフェローズ」に改称(Jrと女子はそれぞれ別チーム名に)
  • 2009年(平成21年)11月12日 マスコットの愛称が「I☆bear(アイ☆ベア)」に決定
  • 2011年(平成23年)1月30日 冬季国民体育大会で初の準優勝を果たす[5]
  • 2013年(平成25年)4月 かがわ21世紀大賞を受賞[6]
  • 2018年(平成30年)3月 Jアイス・プレーオフ初優勝

主な成績編集

Jアイス・ウエスト・ディビジョン編集

日本各地の地域リーグ優勝チームが出場するJアイス・プレーオフは2012-13シーズンより開催。

シーズン Jアイス・ウエスト・ディビジョン プレーオフ
試合 勝利 延長勝 GWS勝 引分 GWS負 延長負 敗戦 得点 失点 勝点 順位
2005–06 4 4 0 0 0 0 0 0 36 11 優勝 -
2006–07 2 2 0 0 0 0 0 0 23 10 優勝 -
2007–08 4 4 0 0 0 0 0 0 39 7 - 優勝 -
2008–09 4 4 0 0 0 0 0 0 37 7 6 優勝 -
2009–10 3 3 0 0 0 0 0 0 29 3 6 優勝 -
2010–11 3 3 0 0 0 0 0 0 22 5 6 優勝 -
2011–12 3 3 0 0 0 0 0 0 34 3 6 優勝 -
2012–13 4 4 0 0 0 0 0 0 28 8 12 優勝 準優勝
2013–14 4 4 0 0 0 0 0 0 24 9 12 優勝 3位
2014–15 3 3 0 0 0 0 0 0 25 4 9 優勝 3位
2015–16 4 4 0 0 0 0 0 0 46 2 12 優勝 3位
2016–17 3 3 0 0 0 0 0 0 21 5 優勝 4位
2017–18 2 2 0 0 0 0 0 0 16 4 優勝 優勝
2018–19 優勝 4位

全日本アイスホッケー選手権大会編集

全日本アイスホッケー選手権大会には2004年2月開催の第71回大会で初出場。以後第76回大会を除いて第79回大会まで8回出場。

シーズン(大会) 試合結果 成績
2003-04(第71回 2回戦 ● 4 - 7 明治大学 初戦敗退
2004-05(第72回 1回戦 ○ 3 - 1 東北福祉大学 ベスト8
2回戦 ○ 3 - 2 武修館高校
3回戦 ○ 6 - 4 札幌ポラリス
準々決勝 ● 2 - 15 コクドアイスホッケーチーム
2005-06(第73回 2回戦 ○ 5 - 2 北海高校 ベスト8
3回戦 ○ 6 - 5 法政大学
準々決勝 ● 1 - 17 日本製紙クレインズ
2006-07(第74回 2回戦 ● 7 - 8 苫小牧駒澤大学 初戦敗退
2007-08(第75回 2回戦 ● 4 - 4 法政大学(GWS負) 初戦敗退
2009-10(第77回 1回戦 ○ 16 - 1 NTT ベスト16
2回戦 ○ 7 - 2 吉田産業
3回戦 ● 1 - 4 早稲田大学
2010-11(第78回 2回戦 ● 1 - 4 明治大学 初戦敗退
2011-12(第79回 1回戦 ● 1 - 2 関西大学 初戦敗退

冬季国体アイスホッケー編集

香川県選抜チームとして出場。

  • 2003年大会 -  3位
  • 2004年大会 - 4位
  • 2005年大会 -  3位
  • 2006年大会 -  3位
  • 2007年大会 - 2回戦
  • 2008年大会 - 4位
  • 2009年大会 - 2回戦
  • 2010年大会 - 1回戦
  • 2011年大会 -  準優勝
  • 2012年大会 - 4位
  • 2013年大会 - 4位
  • 2014年大会 - 4位
  • 2015年大会 - 4位
  • 2016年大会 - 2回戦(初戦)
  • 2017年大会 - 1回戦
  • 2018年大会 - 2回戦
  • 2019年大会 - 2回戦

JIHF会長杯編集

日本アイスホッケー連盟会長杯は、アジアリーグ所属チームを除く社会人チームによる全国大会

  • 第1回大会(2013年) - 2回戦
  • 第2回大会(2014年) -  準優勝
  • 第3回大会(2015年) - 4位
  • 第4回大会(2016年) - 3位
  • 第5回大会(2017年) - 4位
  • 第6回大会(2018年) - 1回戦
  • 第7回大会(2019年) - 2回戦

その他の参加大会編集

  • 西日本選抜リーグ戦(コカ・コーラ杯)
  • 中四国アイスホッケー選手権大会(竹田杯)

所属選手・スタッフ編集

  • 2013年-2014年シーズン
ゴールテンダー
# 選手名 ハンド 前所属
61   鈴木崇嗣 L 法政大学
90   金丸久 L High1-日光アイスバックス
ディフェンス
# 選手名 ハンド 前所属
4   稲葉洋 L 釧路公立大学
16   辻浩邦 R 香川ジュニア-香川大学
29   宇正峻英 R 法政大学
30   石井健太 L 立命館大学-アイスキラーズ
41   斉藤太樹 R 法政大学
88   稲葉惇 L 専修大学
94   佐々木洋 L 香川ジュニア-軽井沢高校-神奈川大学
96   林寛和 R 法政大-サーパス穴吹
フォワード
# 選手名 ハンド 前所属
10   大日向洋平 L 日光アイスバックス
12   袖山佑介 L 専修大学
13   北側雄哉 L 早稲田大学
19   黒岩紘徳 R Tinatuopit(フィンランド)
27   今政則 L 古川電工-東洋大学
82   畑中理 L 明治大学
87   池内悠希 L 香川ジュニア-石田高校
91   前田健一 L 専修大学
チームスタッフ
氏名 役職
  北川真史 監督
  ディビッド・ルーツ コーチ
  杉山冨美 マネージャ

過去の主な所属選手編集

日本リーグ、アジアリーグ所属経験選手

応援編集

香川アイスフェローズのマスコットは「I☆bear」(アイ・ベア)。2009年に誕生したのキャラクターであり、愛称は公募によって決定された。アイスフェローズの「アイ」、アイスホッケーの「アイ」、(LOVE)の「アイ」に由来する。

公式応援歌は香川県出身の歌手・Shioriの「Catch the DREAM!アイスフェローズ!」。

サポータークラブ「フェローズクラブ」2008年に発足。高松中央商店街(常盤街)にある香川プロスポーツクラブ連絡協議会のショップ(2010年3月にオープン)ではフェローズクラブの入会受付、ユニフォームなどの展示、グッズ類の販売、イベント等を行っている。

ホームゲームでは過去にアリーナDJアナウンサー丸朋子が務めていた。現在はFM高松でパーソナリティを務めている市原和憲(愛称・いっぴー)が務めている。応援テレビ番組としてケーブルメディア四国(高松ケーブルテレビ)のヨンデンスポーツプラススポコロが放送されている。Jアイスウエストリーグ香川大会の模様も録画放映されている。2011年はさぬきTVでインターネット生中継される。

スポンサー企業編集

脚注編集

  1. ^ 香川県体育協会史(香川県体育協会史編纂委員会/2002年11月24日)318-320頁
  2. ^ IH成年・県選抜、初の決勝へ/冬季国体四国新聞2011年1月30日
  3. ^ サーパス穴吹初の8強-全日本IH2005年2月18日
  4. ^ アイスホッケーの西日本リーグ発足
  5. ^ 県選抜、初優勝ならず/冬季国体IH成年四国新聞2011年1月31日
  6. ^ かがわ21世紀大賞表彰/一層の地域貢献誓う四国新聞2013年4月19日

関連項目編集

外部リンク編集