駐日ルクセンブルク大使館

駐日ルクセンブルク大使館(ちゅうにちルクセンブルクたいしかん、ルクセンブルク語: Ambassade vu Lëtzebuerg a Japanフランス語: Ambassade du Luxembourg au Japonドイツ語: Luxemburgische Botschaft in Japan英語: Embassy of Luxembourg in Japan)は、ルクセンブルク日本首都東京に設置している大使館である。在東京ルクセンブルク大使館ルクセンブルク語: Ambassade vu Lëtzebuerg zu Tokyoフランス語: Ambassade du Luxembourg à Tokyoドイツ語: Luxemburgische Botschaft in Tokio英語: Embassy of Luxembourg in Tokyo)とも。

駐日ルクセンブルク大使館
Ambassade vu Lëtzebuerg a Japan
Ambassade du Luxembourg au Japon
Luxemburgische Botschaft in Japan
Embassy of Grand Duchy of Luxembourg in Tokyo Japan 20190517 152008.jpg
駐日ルクセンブルク大使館の外観(2019年)
所在地日本の旗 日本
住所東京都千代田区四番町8-9 ルクセンブルクハウス1F
開設1987年3月
移転2003年4月
大使ピエール・フェリング
管轄日本の旗 日本大韓民国の旗 大韓民国フィリピンの旗 フィリピン
ウェブサイトtokyo.mae.lu/jp/

沿革編集

1927年、初代公使安達峯一郎がルクセンブルク大公シャルロット信任状を捧呈して両国間の外交関係が樹立[1]

しかし、第二次世界大戦の影響で大公シャルロットと同国首相ピエール・デュポンルクセンブルク語版フランス語版ドイツ語版英語版率いる亡命政府ルクセンブルク語版フランス語版英語版連合国に肩入れしてナチス・ドイツに対する敵対政策を採ったことにより、当時ドイツと同盟関係にあった大日本帝国は形式的ながらもルクセンブルクと戦争状態になった。

1952年4月28日にサンフランシスコ平和条約の発効により日本国が独立した後[2]1953年3月10日、日本とルクセンブルクの間で公文が交換されて国交が回復した[3]

1987年3月、駐日大使館が開設された[4]1989年2月には、大使ジャン=ルイ・ヴォルツフェルトが大公ジャン同妃ジョセフィーヌ、外務担当国務大臣ロベール・ゲッベルスルクセンブルク語版フランス語版ドイツ語版英語版と共に昭和天皇大喪の礼に参列している[5]

2001年千代田区四番町に大使館と大使公邸などを含む地下一階、地上12階建てのルクセンブルクハウスルクセンブルグハウス英語: Luxembourg House)が起工され、同国大使ピエール・グラメーニャルクセンブルク語版フランス語版ドイツ語版英語版が立ち会った。ルクセンブルクハウス2003年に竣工し、大使ミッシェル・プランシェール=トマシーニ英語版が立ち会った[6][7]

2003年4月、それまで別々の場所にあった大使館や大使公邸がルクセンブルクハウスに移転する。同年9月3日、大公アンリ臨席のもと新大使館の開館式典が執り行われ、憲仁親王妃久子、副首相・外務大臣リディー・ポルファールクセンブルク語版フランス語版ドイツ語版英語版、経済・運輸大臣アンリ・グレーテンルクセンブルク語版フランス語版英語版をはじめとする両国の来賓が参列した[6][7]

2019年5月16日、大使ピエール・フェリング皇居天皇徳仁信任状を捧呈して、令和時代に初めて信任状を捧呈した駐日大使となった[8]

所在地編集

日本語 〒102-0081 東京都千代田区四番町8-9 ルクセンブルクハウス1F[9]
英語 Luxembourg House 1F, Yonbanchō 8-9, Chiyoda-ku, Tokyo 102-0081[10]

大使編集

2019年5月16日より、ピエール・フェリング特命全権大使を務めている[11]

管轄区域編集

日本全土に加えて、大韓民国およびフィリピンを管轄している[12][13]

ギャラリー編集

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集