メインメニューを開く
駒井重次

駒井 重次(こまい じゅうじ、1895年2月23日 - 1973年11月12日 )は、日本大蔵官僚、政治家、立憲民政党衆議院議員(4期)、税理士公認会計士

目次

経歴編集

東京市駒井重格の三男として生まれる。東京高等師範学校附属中学校(現筑波大学附属中学校・高等学校)から第四高等学校を経て、1920年東京帝国大学経済学部商科卒。大蔵省に入り、前橋、亀戸、神田橋各税務署長、銀行検査官などを務め、1932年に退官、同年の第18回衆議院議員総選挙で初当選し。以来4回当選した。戦後、公職追放となり、追放解除後の1952年1953年の総選挙で改進党公認で立候補したがいずれも落選した。その後日本大学講師、愛知大学教授、東京税理士会、日本税理士連合会の各会長を務めた。

その他編集

  • 母校の第四高等学校寮歌「北の都に」を作詞した。
  • 第四高等学校時代は柔道部で主力として活躍した(段位は三段)。
  • 初めて総選挙に立候補した際、自身の演説会に民政党から井上準之助が応援演説に駆けつけたが、血盟団員の小沼正に暗殺される事件があり(血盟団事件)、駒井は危険を顧みず小沼に掴み掛かり大外刈りで投げ倒した[1]

参考文献編集

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。

脚注編集

  1. ^ 松本清張「昭和史発掘(4)」