メインメニューを開く
本来の表記は「高𤁒」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

高 𤁒(こう ぎょう、生没年不詳)は、中国北斉皇族。華山王。高歓の十三男。母は大爾朱氏

経歴編集

550年、北斉が建国されると新平郡王に封じられた。558年、安定王に改封された。559年、華山王に封じられた。中書令斉州刺史を歴任した。570年太傅の位を加えられた。後に斉州で死去した。左丞相・太師録尚書事の位を追贈された。

高𤁒の妃の王氏は、太子洗馬の王洽の娘であった。王氏は奴婢と姦通していたが、高𤁒はそのことを知っていながらやめさせることができなかった。後に発覚すると、王氏は死を賜り、高𤁒は鞭打ち100回の刑を受けた。

伝記資料編集