メインメニューを開く

略歴編集

九州大学経済学部経済学科卒業。1976年同大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学。広島大学経済学部助教授、教授、1992年九州大学経済学部教授[1]、2013年同大学大学院経済学研究院定年退職、名誉教授。1992年「ヴェブレン研究 進化論的経済学の世界」で、九州大学から博士(経済学)。

著書編集

単著編集

  • 『ヴェブレン研究:進化論的経済学の世界』(ミネルヴァ書房、1991年)
  • 『現代アメリカ経済思想の起源:プラグマティズムと制度経済学』(名古屋大学出版会、2004年)
  • 『暮らしのなかの経済思想:進化論的経済学入門』(知新出版研究所、2007年)
  • 『アダム・スミス:競争と共感、そして自由な社会へ』(講談社選書メチエ、2017年)

共著編集

  • 平方裕久)『経済学史のエッセンシャルズ』(知新出版研究所、2014年)

編著編集

  • 『制度としての経済社会:世界のなかの日本』(九州大学出版会、1996年)
  • 『自由と秩序の経済思想史』(名古屋大学出版会、2002年)

共編著編集

  • 中村廣治)『市場と反市場の経済思想 経済学の史的再構成』(ミネルヴァ書房、2000年)
  • 大田一廣鈴木信雄八木紀一郎)『経済思想史:社会認識の諸類型』(名古屋大学出版会、1995年)

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『暮らしのなかの経済思想』著者紹介