メインメニューを開く

高堂 隆(こうどう りゅう、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の官僚、政治家。升平に仕えた。兗州泰山郡平陽県の人。前漢の儒者高堂生の子孫にあたる。

人物編集

最初は泰山太守薛悌督郵に任命され、のち213年曹操に召された。歴城侯国のとして曹操の子の曹徽に仕え、曹操の死に際して曹徽が父の中にありながら狩猟を楽しんでいた時に激しく諫めた。のち平原王曹叡の傅役となり、曹叡の即位後に給事中博士駙馬都尉に任命された。散騎常侍侍中光禄勲を歴任し、その間曹叡が宮殿の建築を盛んに行うことに対したびたび諫めた。没年は不明だが、「三国志」魏書高堂隆伝に「蒋済封禅を実施するよう曹叡に進言し、曹叡が高堂隆に封禅の儀礼を作成させていたところで高堂隆が死去したので『天はわしの事業を成就させたくなかったのだろう』と皇帝が嘆いた」とあるので、曹叡の在世中(239年以前)の死去であると思われる。

なお、魏書方技伝に引用される馬鈞の記事には、馬鈞が指南車を完成させる前に、高堂隆と秦朗が「指南車などは昔の記録が適当に書いただけだ」と主張して馬鈞を嘲笑したと記録されている[1]

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 陳寿「三国志」ちくま学芸文庫版4巻P342

参考文献編集