メインメニューを開く
 
大原高安
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 天平14年12月19日743年1月19日
改名 高安王→大原高安
官位 正四位下衛門督
主君 元明天皇元正天皇聖武天皇
氏族 大原真人
父母 父:河内王
兄弟 高安桜井門部
大伴女郎
今城、少麻呂、室子、高田女王
テンプレートを表示

大原 高安(おおはら の たかやす)は、奈良時代皇族貴族歌人。当初高安王を称するが、大原真人姓を与えられ臣籍降下した。敏達天皇の孫である百済王の後裔[1][2]筑紫大宰率河内王の子[3]官位正四位下衛門督

経歴編集

和銅6年(713年)無位から従五位下に直叙され、霊亀3年(717年)従五位上となる。その後、紀皇女(一説では多紀皇女の誤りとする)との密通を咎められて伊予守に左遷されるが[4]養老3年(719年按察使が設置されると、阿波讃岐土佐の按察使を兼ねている。

左遷を受けながらも、養老5年(721年正五位下神亀元年(724年)正五位上、神亀4年(727年従四位下と、元正朝から聖武朝初期にかけて順調に昇進する。聖武朝では摂津大夫・衛門督を務める。神亀6年(729年)に発生した長屋王の変以降昇進が止まったが、天平9年(737年)に藤原四兄弟が相次いで没すると従四位上に昇叙され、天平12年(740年正四位下に至る。また、この間の天平11年(739年)には弟の桜井王門部王らと共に大原真人姓を与えられ臣籍降下している。天平14年12月(743年1月)19日卒去。

万葉歌人として『万葉集』に和歌作品3首が採録されている。

官歴編集

注記のないものは『続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 新撰姓氏録』左京皇別
  2. ^ 本朝皇胤紹運録』では長皇子の孫で川内王の子とする。しかし、長皇子の生年は兄・大津皇子の生年(天智天皇2年(663年))以降である一方、高安王の生年は初叙の時期より持統天皇7年(693年)以前と想定されることから、高安王を長皇子の孫とするのは年代的に不自然である。
  3. ^ a b 田中卓「紀皇女をめぐる論争について -併せて高安王の系譜を論ず-」『万葉』9,1953年
  4. ^ 万葉集』巻12-3098
  5. ^ 『万葉集』巻4-0577
  6. ^ a b c d e f g 鈴木真年『百家系図』巻55,大原真人
  7. ^ 『万葉集』巻4-0519 大伴女郎歌一首(今城王之母也今城王後賜大原真人氏也)
  8. ^ 『万葉集』巻4-0537~0542

参考文献編集