高市真紀

高市 真紀(たかいち まき)は、青林工藝舎漫画編集者筆名丸山 玉子(まるやま たまこ)。実姉は漫画家山田花子

目次

経歴編集

東京都南多摩郡多摩町(現・多摩市)出身。1991年6月から青林堂の正社員になる。『ガロ』時代は主に蛭子能収ねこぢるを担当する。また編集作業を行う傍ら漫画やイラストを丸山玉子の名義で『ガロ』に発表していた。

1997年山中潤社長が社員や株主達に相談をすること無く、独断で新しい社長へ引き継ぎを進めたことが切っ掛けで、青林堂の編集部員全員が一斉に総退社する形となり、高市も同様に青林堂を退社する。その後、手塚能理子らと共に新出版社「青林工藝舎」を設立し、漫画雑誌『アックス』を1998年に創刊する。

編集編集

単行本編集

雑誌連載編集

漫画作品編集

※すべて丸山玉子名義

  • ためにならないマンガ 人間のクズ(ガロ1990年1月号)
  • 今にみていろ!!オレが主役だ(ガロ1990年2・3月号)
  • 変わってルッてい・わ・れ・た・い♥(ガロ1990年4月号)
  • ヤングメン(ガロ1990年5月号~6月号、8月号)
  • 鼻血ブー(ガロ1990年7月号)
  • ダメだコリャ(ガロ1990年9月号~1991年10月号連載)
  • アーメンソーメン冷ソーメン(ガロ1992年8月号/青林工藝舎『魂のアソコ』収録)※鈴木ハルヨ(山田花子)との共同名義
  • 馬鹿マンガ道場ポレポレ(アックス1号~18号まで不定期連載)※蛭子能収との共同名義

メディア出演編集

バラエティ番組ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(2011年7月17日放送)の企画「なりきりたけし王グランプリ」に蛭子能収の担当編集者として一度だけ出演し、松本人志に「一番おもしろい」と評価される。

外部リンク編集