地獄に堕ちた教師ども

地獄に堕ちた教師ども』は、蛭子能収による日本漫画短編集1981年7月青林堂より刊行。装丁を湯村輝彦が手掛け、南伸坊が解説を寄稿した。

地獄に堕ちた教師ども
著者 蛭子能収
発行日 1981年7月
2016年10月
発行元 青林堂
青林工藝舎
ジャンル ガロ系
鬼畜系
パンク
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ソフトカバー
ページ数 191頁
次作 私はバカになりたい
コード 全国書誌番号:83026137
ASIN B000J7GCVU
Portal.svg ウィキポータル 漫画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

青林堂版のキャッチコピーは「こんな漫画があっていいのか!![1]悪夢なら醒めてくれ!! このままじゃ脳味噌がブッ飛ぶぜ!![2]

目次

概要編集

蛭子能収の処女作品集であり、1974年から1981年にかけて『ガロ』『Jam』『漫画ピラニア』に掲載された初期作品を収録している。青林堂版の長期にわたる絶版により入手困難な状態が長らく続いていたが、2016年10月21日青林工藝舎より「復活版」として35年ぶりに復刊された。青林工藝舎版のキャッチコピーは「処女作にして到達点! 漫画のひとりセックスピストルズ! 破壊せよ、とエビスが叫ぶ![3]

青林工藝舎版の刊行にあたっては、蛭子劇画プロダクションのマスク・ベビー(湯村輝彦の息子)が新たに装丁を手掛けた。また同日発売の『アックス』113号(青林工藝舎)では単行本発売に合わせて特集が組まれている。「復活版」の発売同日にはKADOKAWAより『蛭子能収初期漫画傑作選 パチンコ』が刊行された。

あらすじ編集

阿鼻叫喚・勧悪懲善・意気沮喪・気息奄奄…。人間の欲望と日常に潜む悪夢とが交差する蛭子能収の処女作品集。サラリーマンは地獄に堕ち、無能な教師は狂気に蝕まれ、無垢な少女は人柱にされる。善良な市民が今日も一人、行き着く先は無間地獄...。

収録作品編集

  • 地獄に堕ちた教師ども:初出『Jam』1980年1月号(特別ゲリラ号)
  • 勝手にしやがれ:初出『ガロ』1975年4月号
  • 仕事風景:初出『ガロ』1974年3月号
  • 疲れる社員たち:初出『ガロ』1975年12月号
  • 愛の嵐:初出『ガロ』1976年7月号
  • 超能力:初出『ガロ』1974年8月号
  • 真夜中のパーティ:初出『漫画ピラニア』1981年6月号
  • 仁義なき戦い:初出『ガロ』1974年5月号
  • 地獄のサラリーマン:初出『ガロ』1981年6月号
  • ナゼ、こんなに面白いのか南伸坊解説
  • 自作解題:初出『アックス』113号(青林工藝舎版のみ)

単行本編集

青林堂版
初版発行:1981年7月
青林工藝舎版
初版発行:2016年10月

脚注編集

  1. ^ 『月刊漫画ガロ』(青林堂)1981年7月号裏表紙。
  2. ^ 『月刊漫画ガロ』(青林堂)1981年10月号裏表紙。
  3. ^ 青林工藝舎『地獄に堕ちた教師ども』都築響一の帯コメントより。

外部リンク編集