メインメニューを開く

高 普(こう ふ、生没年不詳)は、北斉皇族は徳広。高歓の従甥にあたる。

経歴編集

高帰義の子として生まれた。9歳のとき、叔父の高帰彦とともに河州から洛陽に入った。高歓は高普を諸子と一緒に遊ばせた。東魏武定末年、安南将軍・太子左衛率となった。北斉の天保元年(550年)6月、武興郡王に封じられた。河清3年(564年)3月、尚書左僕射となった。天統2年(566年)5月、尚書令に進んだ。武平2年(571年)、司空に上った。武平4年(573年)4月、司徒に転じた。武平6年(575年)、豫州道行台・尚書令となった。後主に撤退すると、高普は太宰の位を加えられた。周軍が迫ると、高普は北周に降った。長安で死去した。上開府・豫州刺史の位を追贈された。

伝記資料編集