高木 正府(たかぎ まさもと/まさくら)は、江戸時代中期の河内国丹南藩の世嗣。官位従五位下播磨守

 
高木正府
時代 江戸時代中期
生誕 元禄9年(1696年
死没 享保4年10月5日1719年11月16日
官位 従五位下播磨守
河内丹南藩世嗣
氏族 高木氏
父母 高木正陳本多正永
兄弟 正府板倉勝里谷衛衝正室、
遠山友由正室、永井直堯正室、
服部保弘正室
内藤清枚
テンプレートを表示

略歴編集

6代藩主・高木正陳の長男として誕生。母は本多正永の娘。正室は内藤清枚の娘。

丹南藩嫡子として生まれ、宝永5年(1708年徳川綱吉に拝謁。正徳元年(1711年)叙任するが、家督相続前の享保4年(1719年)に24歳で早世した。代わって、従弟にあたる正恒が養子に迎えられ嫡子となった。