遠山友由

美濃国苗木藩の第5代藩主

遠山 友由(とおやま ともよし、元禄7年9月22日1694年11月9日) - 享保7年4月21日1722年6月4日))は、美濃国苗木藩の第5代藩主。

遠山友由

第4代藩主・遠山友春の次男。正室は高木正陳の娘。子は遠山友将(長男)。官位は従五位下。伊予守。

苗木にて生まれる。幼名は勝千代。通称は宮内。宝永2年(1705年)6月10日、将軍徳川綱吉にお目見えする。宝永4年12月23日、従五位下伊予守に叙任する。正徳2年(1712年)2月16日、父の隠居により家督を継ぎ、翌年には大坂加番となった。藩政では倹約を主とした13か条を制定する。

享保6年(1721年)、殿中にて急病により倒れ、そのまま翌年4月21日に死去した。享年29。跡を長男の友将が継いだ。