メインメニューを開く

本多 正永(ほんだ まさなが)は、江戸時代前期から中期の旗本大名下総舟戸藩主、上野沼田藩の初代藩主。正重系本多家4代。

 
本多正永
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保2年11月11日1645年12月28日
死没 正徳元年5月19日1711年7月4日
改名 三弥(幼名)→正永
別名 武兵衛(通称)
戒名 信行院光山
官位 従四位下、侍従豊前守、紀伊守、伯耆
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣
下総舟戸藩主→上野沼田藩
氏族 本多氏
父母 父:本多正直、母:稲垣重綱の娘
兄弟 正永正方
正室堀田一輝の娘
娘(高木正陳正室)、娘(大久保常春継室)
養子:正武

生涯編集

正保2年(1645年)11月11日、大身旗本本多正直の長男として江戸で生まれる。延宝5年(1677年)に家督を相続したが、弟の正方に1000石を分与したため7000石を知行する。元禄元年(1688年)に寺社奉行となったことから1万石に加増され、舟戸藩主となった。元禄9年(1696年)には若年寄となり、元禄14年(1701年)に上総・下総国内で5000石を加増された。元禄16年(1703年)に上野沼田へ移封される。宝永元年(1704年)には老中となって、1万石を加増され、最終的には4万石を領した。沼田藩政では、以前の領主である真田信利の悪政で荒廃していた沼田藩の再興に務めている。正徳元年(1711年)5月19日、67歳で死去し、跡を甥で養嗣子の正武が継いだ。

先代:
本多正重
本多氏舟戸藩主
1688年 - 1703年
次代:
廃藩