メインメニューを開く

高橋 亦助(たかはし またすけ、嘉永6年(1853年) - 大正7年(1918年))は、明治期の日本の近代製鉄誕生に当たって重要な一歩を印した技師

たかはし またすけ
高橋 亦助
生誕 1853年(嘉永6年)
日本の旗 陸奥国
死没 1918年(大正7年)
職業 技師

人物編集

陸奥国(今の岩手県)釜石村で父・岩間宇右衛門と母・トメの三男に生まれる。高橋は母方の旧姓。

5歳の時に父と死別、1875年(明治8年)亦助22歳の時に政府の工部省鉱山局釜石出張所の求人に応募し採用される。1880年(明治13年)より日本初の官営製鉄所として精鉱作業が始まるも、僅か97日間の稼動で頓挫した。

その後製鉄所は廃止され、1884年(明治17年)民間人の田中長兵衛に払い下げられることになったが、その右腕横山久太郎や息子田中安太郎らの強い請願によって長兵衛は再建を目指すことを決めた。 亦助は横山に高炉操業主任として雇われ、共に挑戦することとなった。

およそ2年弱に渡り、何度もの失敗を乗り越えた1886年(明治19年)10月16日、49回目の挑戦にしてついに成功を収める。この日は後に釜石製鉄所の創業記念日となった。

 
第7高炉を有する栗橋分工場。1894年(明治27年)から1921年(大正10年)まで27年間稼動した。

1887年(明治20年)7月に釜石鉱山田中製鉄所が設立。1894年(明治27年)には日本初コークス銑産出に成功している。

1917年(大正6年)、亦助は監査役に就任し、栗橋分工場の工場長となったが、翌1918年(大正7年)体調を崩し急逝。66歳没。

関連項目編集

外部リンク編集

参考文献編集

  • 高橋亦助翁顕彰碑建立委員会編『高橋亦助翁伝』
  • 富士製鉄釜石製鉄所『釜石製鉄所七十年史』1955年。
  • 岡田益男 『東北鉱山の繁栄』河北新報、昭和27年~30年連載。