メインメニューを開く

高橋 令則(たかはし よしのり、1934年9月29日 - 2016年9月3日)は、日本政治家

高橋 令則
たかはし よしのり
生年月日 (1934-09-29) 1934年9月29日
没年月日 (2016-09-03) 2016年9月3日(81歳没)
出身校 早稲田大学卒業
前職 岩手県庁職員
所属政党新進党→)
自由党→)
民主党→)
生活の党
称号 学士(早稲田大学)

選挙区 岩手県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1995年7月 - 2001年7月22日
テンプレートを表示

岩手県出納長、岩手県副知事参議院議員(1期)、自由党岩手県総支部連合会会長などを歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1934年生まれ。早稲田大学を卒業。

官界にて編集

1962年岩手県庁に入庁した[1]。要職を歴任し、岩手県知事中村直の下では出納長を務めた[2]。後任の知事である工藤巌の下では副知事を務めた[1]。工藤の退任にともない、1995年4月29日に副知事を退任した[1]。同年、第17回参議院議員通常選挙への立候補を表明した。新進党の公認を受け、岩手県選挙区にて当選を果たした。

国会議員として編集

新進党の分党に際しては、自由党の結成に参画した。自由党においては、岩手県総支部連合会の会長などを務めた。また、参議院においては、農林水産委員会などに所属した。国政の場では、地方分権などを主張した。

第19回参議院議員通常選挙で改選を迎えることから、自由党から公認され、岩手県選挙区での立候補が予定されていた[3]。また、民主党岩手県総支部連合会からも、選挙協力を受けられる見通しとなっていた[3]。しかし、自身の健康問題から不出馬を決断した[3]党首小沢一郎からは「やれないのか、やってくれないか」[3]と再三慰留されたものの、最終的に「(体調のことであれば)やむを得ない」[3]と了承された。これを受け、記者会見を開き「慰留は相当前からあった。党人たるもの、最大限 気力体力が続く限り、と思っていたが、しかし限界に来たと言わざるを得ない」[3]と述べ、政界引退を表明した。その後、自由党は高橋に代わって平野達男を擁立し、岩手県選挙区にて当選を勝ち取った。

政界引退後編集

2004年第20回参議院議員通常選挙では、主濱了の選対総括責任者を務めた[4]。また、「たっそ拓也後援会連合会」の会長に就任し[5][6]岩手県知事選挙にて達増拓也を支援した[5]。その後、生活の党が結成されると、岩手県総支部連合会にて工藤堅太郎らとともに顧問に就任した[7]

2016年9月3日5時50分、心不全のため、岩手県滝沢市内の病院で死去。81歳没[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「平成7年5月臨時会――第1回岩手県議会臨時会会議録」『岩手県議会会議録  全文表示岩手県議会事務局議事調査課1995年5月10日
  2. ^ 「夢のかけはし」『夢のかけはし物語:::いわて純情米ホームページ::』いわて純情米需要拡大推進協議会。
  3. ^ a b c d e f 伊波伴准「『老兵は死なず消えるのみ』」『20010210の雑感: 伊波 伴准岩手朝日テレビ2001年2月10日
  4. ^ 「主役――お国入りに熱い視線」『主役 お国入りに熱い視線 <対決 04年いわて参院選:上> - asahi.com : 2004参院選 : 都道府県ニュース朝日新聞社2004年6月3日
  5. ^ a b 「達増氏が再選出馬を表明――来春の知事選」『盛岡タイムス Web News盛岡タイムス社2010年12月19日
  6. ^ 「参院選が反攻の第1歩――生活の党の小沢一郎氏――支持者前に決意示す――達増知事県政報告会で」『盛岡タイムス Web News盛岡タイムス社2013年1月21日
  7. ^ 「生活の党岩手県連役員」『県連役員一覧|生活の党岩手県総支部連合会生活の党岩手県総支部連合会
  8. ^ 元参院議員の高橋令則氏死去 - 時事ドットコム 2016年9月7日

関連人物編集