メインメニューを開く

高橋 利文(たかはし としふみ、1950年2月3日 - 2009年6月23日)は、日本裁判官内閣法制局参事官や、最高裁判所上席調査官最高裁判所事務総局民事局長兼行政局長、最高裁判所事務総局総務局長等を歴任したが、東京高等裁判所部総括判事在任中に死亡退官した。

人物・経歴編集

兵庫県出身[1]東北大学卒業後[2]東京地方裁判所判事補最高裁判所事務総局行政局付、最高裁調査官内閣法制局参事官、東京地方裁判所部総括判事、最高裁判所上席調査官最高裁判所事務総局民事局長兼行政局長、最高裁判所事務総局総務局長等を歴任したが、東京高等裁判所部総括判事在任中に、肝不全のため死去し退官した。享年59。護国寺桂昌殿で葬儀告別式が行われた[3][1]

裁判編集

脚注編集

  1. ^ a b c 「高橋利文氏死去/前最高裁総務局長 | 全国ニュース | 」四国新聞社
  2. ^ 西川伸一[1]第5回違憲審査制研究会
  3. ^ 裁判官検索:高橋利文 | 法律情報サイト e-hoki
  4. ^ 東京大気汚染公害訴訟に判決!! ---東京モーターショーの空気が変わるレスポンス2002/10/29


先代:
富越和厚
最高裁判所上席調査官(行政)
2003年 - 2004年
次代:
福田剛久
先代:
園尾隆司
最高裁判所民事局長兼行政局長
2004年 - 2006年
次代:
小泉博嗣
先代:
園尾隆司
最高裁判所総務局長
2006年 - 2009年
次代:
戸倉三郎