メインメニューを開く

高橋 文二(たかはし ぶんじ、1938年 - )は、日本国文学者駒澤大学名誉教授。 東京生まれ。福島県立福島高等学校を経て、1962年、駒澤大学文学部国文学科卒業。1970年京都大学大学院文学研究科国語国文学専攻満期退学。駒澤大学助教授、教授。1986年、「王朝文学論 自然描写と情念の働きから見た王朝仮名文学の特質」で駒澤大学文学博士[1]2009年、定年退任、名誉教授。

著書編集

  • 『風景と共感覚 王朝文学試論』春秋社 1985
  • 三島由紀夫の世界 夭逝の夢と不在の美学』新典社 1989 叢刊・日本の文学
  • 『物語鎮魂論』桜楓社 1990
  • 『王朝まどろみ論』笠間書院 1995 古典ライブラリー
  • 『源氏物語の時空と想像力』翰林書房 1999
  • 紫式部のみた京都』日本放送出版協会 2008 NHKカルチャーアワー 文学の世界

編纂・共編著編集

  • 『平安鎌倉女流歌人集』浅井伸一共編著 加藤中道館 1979
  • 『紫式部日記』編 桜楓社 1979
  • 『手習・夢の浮橋』校注 新典社 1982 影印校注古典叢書
  • 『源氏物語と古代世界』伊井春樹,廣川勝美共編 新典社 1997
  • 道元禅師全集 原文対照現代語訳』第17巻 法語・歌頌等 鏡島元隆監修 角田泰隆石井清純共訳註 春秋社 2010

出典・脚注編集

参考編集