高階石河

日本の平安時代の貴族
 
高階石河
時代 平安時代初期
生誕 延暦3年(784年
死没 承和9年5月29日842年7月10日
別名 石川
官位 従四位下中務大輔
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 高階真人
父母 父:高階浄階
兄弟 石河、河子
テンプレートを表示

高階 石河(たかしな の いしかわ)は、平安時代初期の貴族。名は石川とも記される。左大臣長屋王の子である安宿王の後裔。少納言高階浄階の子。官位従四位下中務大輔

経歴編集

中監物を務めた後、弘仁13年(822年宮内少丞に任ぜられ、程なく大丞に昇り、嵯峨朝末の弘仁14年(823年従五位下叙爵する。同年兵部少輔に任ぜられるが、俄に少納言に遷る。声音が優れているとして父・浄階と相次いで少納言に任ぜられたが、当時の評判では石河の称唯天皇に召された官人が口を覆って「おお」と応答すること)の声が細やかでかつ高く、父より勝っていたという[1]淳和朝末には、常陸介出雲守を続けて兼任した。

仁明朝では、承和2年(835年)従五位上、承和8年(841年正五位下と昇進し、承和9年(842年)には従四位下・中務大輔に叙任される。同年5月29日に卒去。享年59。最終官位は中務大輔従四位下。

官歴編集

六国史』による。

脚注編集

  1. ^ 『続日本後紀』承和9年5月29日条
  2. ^ 『正倉院文書』巻8-3260

参考文献編集