メインメニューを開く

高階浄階

日本の平安時代の貴族
 
高階浄階
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 承和元年10月8日834年11月12日
別名 清階
官位 従四位上少納言
主君 嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇
氏族 高階氏
石河、河子
テンプレートを表示

高階 浄階(たかしな の きよしな)は、平安時代初期の貴族。名は清階とも記される。左大臣長屋王の子である内匠頭安宿王の後裔。官位従四位上少納言

経歴編集

嵯峨朝弘仁4年(813年従五位下叙爵する。少納言を経て弘仁11年(820年)従五位上に叙せられる。

弘仁14年(823年淳和天皇の即位に伴って正五位下に叙せられると、天長元年(824年)正五位上、天長2年(825年従四位下と淳和朝初頭に急速に昇進し、天長8年(831年)従四位上に至る。

承和元年(834年)10月8日卒去。

官歴編集

注記のないものは『日本後紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『類聚符宣抄』巻6
  2. ^ 続日本後紀』承和9年5月29日条
  3. ^ 日本文徳天皇実録』仁寿4年3月20日条

参考文献編集