高 颺(こう よう、生没年不詳)は、北魏宣武帝の外祖父。法脩高句麗の出身。本貫渤海郡蓨県

経歴編集

高句麗に生まれた。孝文帝の初年、弟の高乗信や同郷の韓内・冀富らとともに北魏に入国した。厲威将軍の号を受け、河間子の爵位を受けた。娘の高照容が孝文帝の後宮に入って寵愛を受け、宣武帝を生んだ。

景明初年に左光禄大夫の位を追贈され、渤海郡公に追封された。は敬といった。

妻の蓋氏は清河郡君に追封された。嫡孫の高猛が渤海郡公の爵位を嗣いだ。

子女編集

  • 高氏(遼東郡君)
  • 高琨(渤海郡公)
  • 高偃(? - 486年、字は仲游、早世。宣武帝の皇后高英の父)
  • 高寿(早逝)
  • 高肇
  • 高照容(文昭皇太后)
  • 高顕(侍中・高麗国大中正、澄城郡公)

伝記資料編集

  • 魏書』巻83下 列伝第71下
  • 北史』巻80 列伝第68