宣武帝(せんぶてい)は、北朝北魏の第7代皇帝

宣武帝 元恪
北魏
第7代皇帝
王朝 北魏
在位期間 太和23年4月12日 - 延昌4年1月13日
499年5月7日 - 515年2月12日
都城 洛陽
姓・諱 元恪
諡号 宣武皇帝
廟号 世宗
生年 太和7年(483年4月
没年 延昌4年1月13日
515年2月12日
孝文帝(第2子)
高貴人
后妃 于皇后
高皇后
陵墓 景陵
年号 景明 : 500年 - 503年
正始 : 504年 - 508年
永平 : 508年 - 512年
延昌 : 512年 - 515年
宣武帝

生涯編集

483年閏4月、孝文帝の次男として生まれた。母は貴人高照容高句麗の人)。聡明で気配りがあり、また美男だったという。

496年12月に異母兄の元恂皇太子位を廃されると、497年1月に元恪が皇太子に立てられた。499年4月、孝文帝が死去すると、数え17歳で即位した。当初は、咸陽王元禧・任城王元澄・北海王元詳・広陽王元嘉尚書令王粛吏部尚書宋弁ら6人の大臣の輔弼を受けた。

501年、国政を側近や外戚高肇(高照容の兄)に委ねて親政を始めた。これに反発する叔父の元禧が反乱を計画したため、処断した。508年、異母弟の京兆王元愉が冀州で反乱を起こすとこれを鎮圧し、高肇の進言で叔父の彭城王元勰をも誅殺した。

在世中、しばしば南朝梁を攻撃して方面に領土を拡大し、北方では柔然に大打撃を与えた。だが、熱心な仏教信者である故に、次第に仏教信仰に溺れた。

515年1月、33歳で崩御し、洛陽郊外に葬られた。

陵墓編集

陵墓は他の邙山陵墓群とともに、全国重点文物保護単位に指定されている。1992年に盗掘に遭ったため、遺跡保護のため緊急発掘された。版築で作られた円形の稜は径112メートル、高さ約23から24メートルあり、中心の地下にある方形の墓室から南に甬道が伸びている。延長線上の入口に当たる所に高さ4メートルの巨大な石人像があったが、盗掘により現在は首が失われている。

宗室編集

拓跋氏系図】(編集
  • 魏書』巻1~巻22、『北史』巻5・巻14を元に作成。
 
拓跋部
 
 
 
 
 
 
 
 
1(成帝)
拓跋毛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13(献帝)
拓跋鄰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14(聖武帝)
拓跋詰汾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
禿髪部1禿髪匹孤
 
 
 
 
 
15(神元帝)
拓跋力微
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(南涼)
 
16(文帝)
拓跋沙漠汗
 
17(章帝)
拓跋悉鹿
 
18(平帝)
拓跋綽
 
東部(昭帝)
拓跋禄官
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中部(桓帝)
拓跋猗㐌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19(思帝)
拓跋弗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1(穆帝)
拓跋猗盧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2拓跋普根
 
5(恵帝)
拓跋賀傉
 
6,8(煬帝)
拓跋紇那
 
拓跋六脩
 
4(平文帝)
拓跋鬱律
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3拓跋氏
(諱不明)
 
 
 
 
 
7,9(烈帝)
拓跋翳槐
 
10(昭成帝)
拓跋什翼犍
 
拓跋孤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
拓跋寔君
 
(献明帝)
拓跋寔
 
拓跋窟咄
 
拓跋斤
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北魏
 
 
 
 
 
 
 
 
1道武帝
拓跋珪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2明元帝
拓跋嗣
 
清河王
拓跋紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平王
拓跋煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3太武帝
拓跋燾
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
淮南靖王
拓跋他
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景穆帝
拓跋晃
 
東平王
拓跋翰
 
4南安王
拓跋余
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元鍾葵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5文成帝
拓跋濬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南安王
拓跋楨
 
 
 
 
 
元法僧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6献文帝
拓跋弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
章武王
元彬
 
扶風王
元怡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7孝文帝
元宏
 
先帝
元羽
 
北海王
元詳
 
文穆帝
元勰
 
 
 
 
 
章武王
元融
 
11東海王
元曄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃太子
元恂
 
 
 
 
 
 
12節閔帝
元恭
 
北海王
元顥
 
孝宣帝
元劭
 
10孝荘帝
元子攸
 
13安定王
元朗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8宣武帝
元恪
 
 
 
 
 
僭/追文景帝
元愉
 
 
 
 
 
清河王
元懌
 
武穆帝
元懐
 
汝南王
元悦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9孝明帝
元詡
 
臨洮王
元宝暉
 
西1文帝
元宝炬
 
 
 
 
 
清河王
元亶
 
14孝武帝
元脩
 
馮翊公主
元氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝明帝女児
元氏中国語版
 
幼主
元釗
 
西2廃帝
元欽
 
西3恭帝
拓跋廓
 
東1孝静帝
元善見
 
 
 
 
 
北周1孝閔帝
宇文覚

后妃編集

男子編集

  • 元昌(夭折)、母は于氏
  • 未名(夭折)、母は高英
  • 元詡(孝明帝)、母は胡氏

女子編集

  • 建徳公主、母は高英

脚注編集

  1. ^ 《第一貴嬪司馬顕姿墓志銘》
  2. ^ 《貴華夫人王普賢墓志銘》