高麗語(こうらいご)またはコリョマル (고려말 (高麗말)Корё маль) は、現在中央アジアロシアに居住する朝鮮民族(高麗人)の使用する朝鮮語の変種である。

高麗語
Корё маль若しくは고려말(Goryeo mal)・중앙아시아 한국어(中央亞細亞韓国語)
話される国 ロシアウズベキスタンカザフスタンなど
地域 中央アジア
話者数 推定20万人程度
話者数の順位 不明
言語系統
論争あり
孤立した言語, アルタイ諸語

 朝鮮語

  高麗語
公的地位
公用語 なし
統制機関 なし
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 なし
ISO 639-3 なし
SIL なし
テンプレートを表示
高麗語
各種表記
ハングル 고려말
漢字 高麗말
発音 コリョマル
キリル文字表記:
キリル文字ローマ字転写:
2000年式
MR式
Корё маль
Koryo mal'
Goryeo mal
Koryŏ mal
テンプレートを表示

目次

名称編集

高麗人(고려인 (高麗人) / 고려사람 (高麗사람))の使用する言葉であることから高麗語(고려말)という。

なお「高麗語」とは、もともと朝鮮高麗王朝時代の言語を称することもあって紛らわしいが、韓国ではそちらについては「前期中世語」と呼ぶのが一般的である。また中央アジアで話される言語について、韓国では一般に「中央アジア韓国語」(중앙아시아 한국어 / 中央亞細亞 韓國語)と呼ばれている。

成立編集

基礎となった方言は以下に述べる歴史的経緯より、現在の北朝鮮の言葉に近いものであり、延辺の朝鮮族の言葉と共通している。ただし、ロシア語ウズベク語カザフ語などの影響が語彙、文法、統語法などの面で極めて大きく、特に話し言葉では本国人の朝鮮語、及びそれに極めて近い延辺の朝鮮族の話す朝鮮語との意思疎通はかなりの困難を伴う。日本在住の在日朝鮮人の使用する在日朝鮮語との意思疎通も同様に困難であると考えられるが、その理由として両者は基本語彙以外多くの単語が食い違う(前者はロシア語系、後者は日本語系からそれぞれ借用)ことが挙げられる。

これらの朝鮮民族の多くは元来定住していた民族ではなく、満州外満州を含む)や樺太に移住した朝鮮人が第二次世界大戦後にソビエト連邦スターリンによる政策で、極東のシベリアそして中央アジアに強制移住させられたことが原因である[1]

在日朝鮮語と同様、高麗語も既に本国の朝鮮語とは完全に分離した別個の言語であるとの意見があるが、学会での定説ではない。

正書法編集

元来ハングルで記されていたが、現在ではキリル文字での表記も一部で行われている。

関連項目編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 半谷史郎・岡奈津子『中央アジアの朝鮮人 父祖の地を遠く離れて』ユーラシアブックレット 93、東洋書店、2006年。pp.23-24。

参考文献編集