メインメニューを開く

鬼切安綱(おにきりやすつな)は源家相伝として伝えられる日本刀鬼切丸とも。所蔵する北野天満宮では、鬼切丸 別名 髭切ともしている[1]

概要編集

太平記[注 1]で語られる。鬼切は伯耆国の鍛冶安綱が鍛え、坂上田村麻呂に奉じた。鈴鹿山鈴鹿御前との戦いに使用され、伊勢神宮に参拝した際には天照大神より夢の中でお告を受けて伊勢神宮に奉納したという[2]

その後、伊勢神宮に参拝した源頼光が夢の中で「子孫代々に伝え、天下を守るべし」と天照大神より鬼切を受け取った[2]。頼光の手に渡ると、家臣である渡辺綱に貸し出され鬼の腕を切り落とした。また、源満仲が戸蔵山の鬼を切ったことから鬼切と名付けられた。

源家に相伝された鬼切であるが新田義貞北条氏の宝刀鬼丸国綱と共に入手したものの、藤島の戦いで義貞が斯波高経に討たれると鬼切と鬼丸は高経の手に渡たる[3]。高経が鬼切と鬼丸を手に入れたと知った足利尊氏は源氏の嫡流である足利氏への引渡しを求めた。それに対して足利氏と同格であると自負していた高経は拒否したため尊氏を憤慨させたという。鬼切は高経から子孫である最上氏へ伝来する[3]

かつて鬼切は売りに出されたものの、有志によって買い戻されて北野天満宮に奉納された[3]

銘の改竄編集

本来は安綱銘であるが、国綱銘へと改竄されている[4]

布施幸一は、銘の改竄の背景には童子切安綱鬼丸国綱の存在が影響したことは否定できないだろうとしている。豊臣秀吉が名刀を蒐集していく過程で類いまれな安綱の太刀を入手し、有力な鑑定家であった本阿弥光徳が関与して『太平記』の鬼切が安綱作であったことや、大江山の酒呑童子説話が加味されて童子切安綱という新たな名物を誕生させたのでないかと仮説を立てて推測している。桃山時代から江戸時代初期にかけて童子切安綱が世に知られたことで、最上家では鬼切安綱に気後れを感じ、安綱銘を国綱銘に改竄して、敢えて鬼切丸と呼称したのではないかとする説である[5]

さらに最上義光の時代には名刀や名物刀剣の存在が大名の間で知れ渡っていたと思われ、安綱の名を見出すことができないが、国綱の名があり、国綱の太刀は希少価値があり優秀な作品の一つとして選定されていた。最上家では童子切安綱という新たな名物が生み出されたのと相まって鬼丸国綱に紛れるような「鬼切丸国綱」を創出したのではなかろうかと私見を述べている[5]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 巻三十二 直冬上洛事付鬼丸鬼切事

出典編集

参考文献編集

  • 最上義光歴史館,布施幸一『歴史館だより No.13』歴史館、2006年3月。
  • 関幸彦『武士の原像 都大路の暗殺者たち』PHP研究所、2014年。ISBN 978-4-569-81553-4
  • 小和田泰経『刀剣目録』新紀元社、2015年。ISBN 978-4-7753-1340-4

関連項目編集