メインメニューを開く

魔界ウォーズ』(まかいウォーズ)は、クローバーラボより配信されたスマートフォンゲームアプリAndroid版は2018年2月15日より、iOS版は同年2月16日よりサービス開始。基本プレイ無料(アイテム課金制)。

魔界ウォーズ
ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 iOS
Android
開発元 日本一ソフトウェア
クローバーラボ
運営元 クローバーラボ
運営開始日 [Android]2018年2月15日
[iOS]2018年2月16日
テンプレートを表示

目次

概要編集

日本一ソフトウェアの『魔界戦記ディスガイアシリーズ』とクローバーラボのゲームアプリ『ゆるドラシル』のコラボレーションによるシミュレーションRPG。

本作品は2004年に日本一ソフトウェアのPlayStation Portable参入第1弾ソフトとして発表されながら、後述する事情により開発が事実上頓挫していた『魔界ウォーズ(仮)』を原点とし、同作品の主人公として設定されるもソフトリリースの見通しが立たないまま他作品にゲストとして出演し続けていたキャラクター・アサギを主人公に据えている[1]

企画・開発の経緯編集

PlayStation Portable・PlayStation 3版編集

本作品は、PlayStation 2用ソフト『ファントム・ブレイブ』の後に開発されていた[2]。この時点で主人公アサギのデザインとイメージボードは存在していたものの[3]、ジャンルがRPGかシミュレーションRPGかも漠然としており[2]、開発はほとんど進んでいなかった[3]。その後2004年5月12日Electronic Entertainment ExpoPlayStation Portable版を2004年末に発売すると発表された[4]。また、2004年の日本一ソフトウェアの暑中見舞いはがきにアサギが登場した[3]

開発当時は丁度PSPが出るタイミングだったが、いきなりPSPのオリジナル作品を出すのはどうかと考えられ、また市場が未成熟だったことから企画に練り直しが入った[3]。そして紆余曲折を経て本作品ではなく『ファントム・キングダム』が発売されることとなった[3]。そのような中でアサギをどうするかとなった時に、同作品の隠しキャラクターとして登場させることが決まる[2]。その後も本作品を開発しようという動きはあったものの、結局毎年1本に注力するという流れとなり、アサギはほかの日本一ソフトウェア作品に「永遠の次回作の主人公」として登場し続ける[3]2005年9月20日にはPlayStation 3版の発売も発表された[5]が、結局発売されることはなかった[2]。時間が経つにつれてファンが違った角度で『魔界ウォーズ』やアサギについて楽しむようになったことで、開発側はファンの期待を上回るものを出さなければならないと悩み、発売のタイミングを逸していった[2]

iOS・Android版編集

2017年7月15日に行われた日本一ソフトウェア設立25周年発表会において、『魔界ウォーズ』は日本一ソフトウェアの「魔界戦記ディスガイアシリーズ」とクローバーラボの『ゆるドラシル』のコラボレーション作品という内容のスマートフォンアプリとして配信されることが発表された。2015年には両作品のコラボレーションが行われたが、日本一ソフトウェア社長の新川宗平によればこのコラボレーションへの反響は大きかったといい、その後もコラボイベントは行われた[2]。新川は、「魔界戦記ディスガイアシリーズ」のイベントで『ゆるドラシル』を遊んでいるユーザーが多かったことから、ユーザーの相性は良いと思ったという[2]。『魔界ウォーズ』を世に出すことを課題としていた新川はこれをチャンスと考えてクローバーラボ側に声をかけ、『魔界ウォーズ』実現に至った[2]。このタイミングでコンシューマタイトルとして発売しても一部ユーザーのファンアイテムとして終わってしまうと考えた新川は、親和性の高い『ゆるドラシル』との合作となるアプリとして長く楽しんでもらうことを選んだ[2]。ただし、コンシューマで展開するという野望も持っている[2]

日本一ソフトウェアはスマートフォン向けアプリの開発経験がほとんどなかったため、プログラムやディレクションなどスマートフォン向けアプリにかかわる場面はクローバーラボが担当した一方、日本一ソフトウェアはグラフィックを担当した[6]。 本作のグラフィックは『魔界戦記ディスガイアシリーズ』と同じ方法で作られており、『魔界戦記ディスガイアシリーズ』のスタッフも製作に参加している[6]。 日本一ソフトウェア代表取締役社長の新川宗平はファミ通とのインタビューの中で、「我々の主軸はコンシューマだが、当然オンラインの要素は入ってくる。そのような技術のノウハウは自分たちで実際作ってみないとわからないため、今回の共同開発を通じて、アプリゲームの開発を肌で感じることができたのは大きかった」と振り返っている[6]。クローバーラボの代表取締役である小山力也も「日本一ソフトウェアさんは家庭用ゲームをずっと開発してきたため、プロジェクト管理や進行の作法がしっかりしており、会社を設立してから自己流でやってきた我々にとって非常に参考になった」と振り返っている[6]。 二作品のクロスオーバーにあたり、新川は原作を知らないユーザーでもわかりやすくするため、キャラクターを紹介するテキストの導入を提案し、自らそのテキストを執筆した[7]。 2017年11月30日、配信を2017年から2018年春へと延期することを発表し[8]、2018年春に配信が開始された。

キャスティング編集

主人公のアサギ役には『奴隷区 The Animation』の足立シヲリ役などで知られる八島さららがオーディションで選ばれ、2018年6月29日のアップデートでアサギの音声が追加された[9]。 八島は日本一ソフトウェアの作品を通じてアサギの存在を知っていたほか、様々な声優が彼女の声を当てていたことも知っていたため、事前にセリフを聞くと混乱することを懸念し、あえてセリフは聞かずに自分の中でアサギのイメージを固めてから演技に臨んだ[9]。 八島はアサギの魅力は「普通の女子高生」であると定義し、収録時もスタッフから同様の演技指導を受けたため、自然体な演技を心がけた[9]

システム編集

ジャンルはシミュレーションRPGRPGの中間のようなものとなる。戦闘は6×5マスのフィールドで行われる[2]

登場人物編集

アサギ
声:八島さらら[9]
本作の主人公。念願だった主人公の座に就くことができたものの、周囲に振り回されている。
ラハール
声:水橋かおり
魔王クリチェフスコイの息子。『魔界戦記ディスガイアシリーズ』のメインキャラクターの一人。
プリニー
声:間島淳司
エトナ
声:半場友恵
ラハールの部下。『魔界戦記ディスガイアシリーズ』のメインキャラクターの一人。
フロン
声:笹本優子
天使見習い。ラハールと行動を共にすることが多い。『魔界戦記ディスガイアシリーズ』のメインキャラクターの一人。
アクターレ
映画やドラマで活躍していた元ダークヒーローで、現在は旅番組のレポーターをしている。『魔界戦記ディスガイア2』にて初登場。
アデル
悪魔にされた家族を救うべく、魔王ゼノンに挑む青年。『魔界戦記ディスガイア2』の主人公。
マオ
父である魔王の打倒を目指す優等生。『魔界戦記ディスガイア3』の主人公。
ヴァルバトーゼ
魔界の刑務所である「地獄」でプリニーの教育係を務める吸血鬼。『魔界戦記ディスガイア4』の主人公。
風祭フーカ
何らかの理由で死亡して地獄に堕ちた中学生。『魔界戦記ディスガイア4』にて登場。
キリア
悪魔ヴォイドダークへの復讐を誓う青年悪魔。エネルギー消費が激しく、事あるごとに何かを食べようとする。『魔界戦記ディスガイア5』にて登場。
セラフィーヌ
絢爛魔界の魔王。父が勝手にヴォイドダークと結婚させようとしたため家を飛び出し、ヴォイドダークの抹殺に乗り出す。『魔界戦記ディスガイア5』にて登場。
ヴァルキリー
百戦錬磨の戦乙女。
フレイヤ
声:小林ゆう
豊穣の女神。
オーディン
声:鳥海浩輔
ヴァルハラの最高神。
スレイプニル
オーディンの神馬。
エルルーン
謎の戦乙女。
スルト
灼熱の地を治める巨人族の王で、オーディンとは対立関係にある。温泉好き。
ミスト
「霧」の字を持つ戦乙女。「…ん!」としか喋らないが、ヴァルキリー養成学校を首席で卒業した過去を持つ。
ヒルド
ヴァルキリーの後輩にあたる戦乙女。
スサノオ
倭の国の戦神。
アルヴィト
ヴァルキリーと同期の戦乙女で、「知」の字を持つ。眼鏡に対する思いが強いが、実際は眼鏡をはずした方がよく見える。

脚注編集

  1. ^ クローバーラボと日本一ソフト、シミュレーションRPG『魔界ウォーズ』iOS版を配信開始 日本一ソフトの永遠の次回作”がついにスマホで登場!”. Social Game Info (2018年2月16日). 2018年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 【独占】『ゆるドラシル』と『ディスガイア』が超絶合体!『魔界ウォーズ』誕生秘話”. ファミ通app (2017年7月15日). 2017年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 幻のアサギ主演作『魔界ウォーズ(仮)』の秘話も飛び出た2大『ファントム』シリーズ裏話【電撃日本一】”. 電撃オンライン (2012年12月27日). 2017年10月9日閲覧。
  4. ^ 日本一ソフトウェアPSP第一弾は「魔界ウォーズ」”. ITmedia (2004年5月12日). 2017年10月9日閲覧。
  5. ^ 日本一ソフトウェアPS3第一弾『魔界ウォーズ(仮)』発表”. Gpara.com (2005年9月20日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月9日閲覧。
  6. ^ a b c d 『魔界ウォーズ』が配信開始!開発秘話や今後の展開を3人のキーマンに訊く!”. ファミ通. エンターブレイン (2018年2月16日). 2018年7月1日閲覧。
  7. ^ ジャイアント黒田 (2019年2月23日). “祝1周年! 『魔界ウォーズ』1周年記念インタビュー 日本一ソフトウェア新川社長が本作に懸けた思いを訊く”. ファミ通. エンターブレイン. 2019年2月24日閲覧。
  8. ^ 【魔界ウォーズ】公式サイトリニューアル&配信延期のおしらせ”. クローバーラボ (2017年11月30日). 2017年12月2日閲覧。
  9. ^ a b c d ジャイアント黒田 (2018年6月29日). “『魔界ウォーズ』主人公・アサギに本日よりボイス実装! アサギ役の八島さららさんのインタビューをお届け!!”. ファミ通. エンターブレイン. 2018年7月1日閲覧。

外部リンク編集