鳥の歌 (テレビドラマ)

鳥の歌』(とりのうた)は、日本テレビドラマ

概要編集

原作、西木正明「凍れる花火」。脚本池端俊策、演出佐藤幹夫[要曖昧さ回避]1989年8月28日から9月18日の4回にわたって、NHK総合の『シリーズドラマ・10』枠で放送。NHK大阪放送局の制作[1]。公団の汚職にからみ、一幹部が若手女性歌手とのスキャンダルを発端として濡れ衣を着せられる。逃亡する幹部にたいして、背後にいる政治家の意を体して自殺を強要したり事故を装ったりして口封じを狙う闇社会の男が現れる。スキャンダルの元になった写真をラジコン操作で空中から撮影した青年は後悔し、桃井かおり演じる主人公と共に真相に切り込み始める。

キャスト編集

ほか

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本放送協会放送文化研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'90』 日本放送出版協会、1990年、142頁。 

外部リンク編集