メインメニューを開く

鳥居 忠宝(とりい ただとみ、1845年 - 1885年)は、幕末大名下野壬生藩の第7代藩主。壬生藩鳥居家11代。

 
鳥居忠宝
Torii Tadatomi.png
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 弘化2年7月12日1845年8月14日
死没 明治18年(1885年7月23日
改名 丈助(幼名)→忠宝
戒名 義謙院殿玉質忠宝大居士
墓所 東京都文京区本駒込の江岸寺
官位 従五位下、丹波
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂慶喜
下野壬生藩
氏族 鳥居氏
父母 鳥居忠挙
:聡子(松平康任の三女)
兄弟 忠粛忠宝忠文
愛子酒井忠発の三女)
1男
養子:忠文

生涯編集

弘化2年(1845年)7月12日、第6代主・鳥居忠挙の三男として生まれる。長兄忠粛が早世したため嫡子となり、安政4年(1857年)、父の死去により家督を相続した。

安政6年(1859年)11月23日に叙任する。幕末期には尊皇攘夷をめぐっての争いが絶えず、文久2年(1862年)には勤王派が主導権を握って保守派の江戸家老鳥居志摩失脚の上、自害させられた。

ところが元治元年(1864年)に水戸藩天狗党の乱が起こると、今度は保守派が力を盛り返して勤王派を退けるなど、内は二分して大混乱した。戊辰戦争では新政府につくか、旧幕府側に与するかで混乱する中、ようやく新政府側に与して旧幕府軍と戦った。

明治2年(1869年)に版籍奉還知藩事になるが、翌年に病気により忠文養子として家督を譲って隠居した。明治13年(1880年)に製茶会社「共産社」を設立。茶園の広さは約9ヘクタール、最盛期には900人が働き、年間約20トンの緑茶を主にボストンに輸出していた。廃藩置県で職を失った旧藩士の収入の確保のためだったとみられる[1]

明治18年(1885年)、壬生で死去した。

出典編集

  1. ^ 読売新聞栃木版 2018年5月10日 31面。