メインメニューを開く

鳥居 忠文(とりい ただぶみ)は、幕末大名下野壬生藩の第8代(最後)の藩主。壬生藩鳥居家12代。

 
鳥居忠文
Tadabumi Torii.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 弘化4年9月11日1847年10月19日
死没 大正3年(1914年10月31日
改名 久菊・右近・喬(幼名)、忠文
官位 従五位下
幕府 江戸幕府
下野国壬生藩
氏族 鳥居氏
父母 鳥居忠挙養父鳥居忠宝
兄弟 忠粛忠宝忠文
正室松平康圭の娘・鈴子
継室:藪実方の次女・嶺子
忠一(長男)、三宅忠強(次男)、住友忠輝(三男)、忠治(四男)、忠博(五男)

生涯編集

弘化4年(1847年)9月11日、第6代藩主鳥居忠挙四男として生まれる。慶応4年(1868年)3月、兄の第7代藩主忠宝名代として上洛する。同年9月、忠宝の補佐を命じられる。明治2年(1869年)9月、忠宝の養子となる。明治3年(1870年)9月25日、忠宝が病気により隠居したため、その跡を継いで藩主(知藩事)となった。それにともない、従五位下に叙任した。

明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で免官となり、同年9月5日に司法省中録に就任した。同年10月29日、海外留学のために辞任する。同年11月12日、岩倉使節団の一員として日本を出発した。佐々木高行に随行し、法律を学ぶことを目的としていた。明治5年4月、岩倉使節団を離れて、アメリカに留学する許可を得る。

明治16年(1883年)5月、外務省御用掛となる。明治17年(1884年)7月8日、子爵を叙爵した[1]。明治18年(1885年)5月、外務省御用掛兼書記生となる。明治19年(1886年)11月、ハワイ王国副領事となる。明治22年(1889年)2月、ハワイ王国領事に就任する。明治23年(1890年)7月、貴族院議員に選ばれた。その後、死亡時まで在職した。大正3年(1914年)10月31日に死去した。享年68。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。


先代:
鳥居忠宝
鳥居氏第31代当主
1870年 - 1914年
次代:
鳥居忠一
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
壬生鳥居家初代
1884年 - 1914年
次代:
鳥居忠一