メインメニューを開く

鳥居 忠挙(とりい ただひろ)は、江戸時代後期から末期の大名下野壬生藩の第6代藩主。壬生藩鳥居家10代。

 
鳥居忠挙
Torii Tadahira.png
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 文化12年2月14日1815年3月24日
死没 安政4年8月10日1857年9月27日
改名 於喜松。国之助(幼名)→忠挙
戒名 誠徳院殿従五位下前丹州刺吏慈運雄光大居士
誠心院殿
墓所 東京都文京区本駒込の江岸寺
官位 従五位下、丹波
幕府 江戸幕府奏者番・若年寄
主君 徳川家斉家慶家定
下野壬生藩
氏族 鳥居氏
父母 父:鳥居忠熹、養父:鳥居忠威
兄弟 忠威忠挙
正室聡子松平康任の三女)
忠粛忠宝忠文、娘(岡部長発正室)

生涯編集

文化12年(1815年)2月14日(異説として8月2日)、第4代藩主・鳥居忠熹四男として江戸番町で生まれる。文政9年(1826年)12月27日、第5代藩主で兄の忠威が早世した際、その末期養子として跡を継いた。文政10年1月28日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政12年(1829年)12月16日に叙任する。天保8年(1837年)8月15日に奏者番となり、嘉永4年(1851年)7月25日に若年寄となるが、安政4年(1857年)7月25日に病に倒れ、8月10日に世を去った。享年43。

家督は三男の忠宝が継いだ。