メインメニューを開く

鳥居 忠熹(とりい ただてる)は、下野壬生藩の第4代藩主。壬生藩鳥居家8代。

 
鳥居忠熹
時代 江戸時代後期
生誕 安永5年9月3日1776年10月14日
死没 文政4年7月27日1821年8月24日
改名 檮三郎(幼名)→忠熹
戒名 観光院殿郭応共然大居士
墓所 東京都文京区本駒込の江岸寺
官位 従五位下、丹波
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
下野壬生藩
氏族 鳥居氏
父母 鳥居忠見
正室恒子内藤頼尚の娘)
忠威忠挙、娘(九鬼隆度正室のち牧野康明正室)、娘(中根正昭正室)、娘(堀利忠正室)、娘(加藤泰彦正室のち溝口直達正室)

生涯編集

安永5年(1776年)9月3日(異説として安永6年(1777年))、鳥居忠見(第3代藩主鳥居忠意四男)の次男として生まれる。父は寛政6年(1794年)5月12日に早世し、祖父の忠意も同年7月18日に死去したため、その世子として跡を継いだ。文政4年(1821年)7月27日に死去した。跡を次男忠威が継いだ。