メインメニューを開く

鳴海宿(なるみしゅく、なるみじゅく)は、東海道五十三次の40番目の宿場である。現在の愛知県名古屋市緑区にある。

歌川広重『東海道五十三次・鳴海』
常夜灯

最寄り駅編集

史跡・みどころ編集

電柱に宿の史跡紹介があるので、それを読みながら歩くと宿の概要がわかる。

丹下町常夜燈
1792年、宿の西の入口に設置された。
平部町常夜燈
1806年、宿の東の入り口に設置された。
鳴海は寺の多い街【鳴海寺詣り歌】わらべ唄
東海道の鳴海宿   寺銭用意しなされや   西よりはじまる寺参り
風呂敷かぶりの光明寺   花井小路の長翁寺   ちょっと入った東福院
お腹に仏の如意寺   出たり入ったり誓願寺   三猿がまえ圓道寺
縁の高いは円龍寺   まんまん曲がって万福寺   木林山を真っ二つ
右に構える浄泉寺   中島橋の三つ股を   左に行けば浄蓮寺
右にとれば善明寺   平部はずれの金剛寺   松原越えて四本木の
左に傾く神明社   右に行けば御諏訪社   中におさまる二殿様
越えて絞りの有松の   左に高い天満社   右にとれば桶狭間
信長公の奇襲戦   義元公の首塚に  その霊まつわる長福寺
大高城址
桶狭間の戦いの前哨戦において、松平元康が兵糧入れをした城。江戸時代には廃城となっていたが、尾張藩は東の押さえとして重視し、万石級の家老を領主として置いた。
宮宿までの史跡・みどころ
  • 千句塚公園
  • 笠寺一里塚
    • 名古屋市に現存する唯一の一里塚で、東側だけが残る。江戸から88里。
  • 笠寺観音

隣の宿編集

東海道
池鯉鮒宿 - 鳴海宿 - 宮宿

関連項目編集