メインメニューを開く

鹿乗橋(かのりはし)は、愛知県春日井市瀬戸市の間の庄内川にかかる橋である。

鹿乗橋
Kanori-bridge
基本情報
日本の旗 日本
所在地 愛知県春日井市 - 瀬戸市
交差物件 庄内川
建設 1910年[1]
構造諸元
形式 アーチ橋[1]
全長 73m[1]
4.5m[1]
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
愛知県道53号標識

明治時代に作られた、11のスチールアーチ橋のうちの現存するひとつとしても、貴重な存在である[2][3]

歴史編集

1910年(明治43年)に、メラン工法と呼ばれる工法で建設された全長73m、幅4.5mの鉄製アーチ橋である[1]

1930年(昭和5年)12月20日に、全国初の省営(鉄道省)バス省営自動車岡多線岡崎 - 多治見間および瀬戸記念橋 - 高蔵寺間で営業を開始し、この鹿乗橋の上をバスが走った[1]

その後、1947年(昭和22年)に木製であった橋板が鉄製に取り替えられたようであり、1951年(昭和26年)3月に鋼鉄製のアーチ部分が老朽化してきたので、コンクリートで固めて補強した[1]

現在編集

現在の鹿乗橋は、道幅が狭いために、小型特殊車を除き春日井市→瀬戸市方面への一方通行となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 郷土誌かすがい 第61号
  2. ^ 伊東孝、「れいめい期におけるスチール・アーチ橋の系譜とその現在 現存最古の本町橋 (大販市) と2番目に古い西谷見附橋」 『土木史研究』 1991年 11巻 p.123-130, doi:10.2208/journalhs1990.11.123
  3. ^ それ以前に作られたスチールアーチ橋のなかで著名なものには、1903年(明治36年)製の万世橋(ただし、現在の万世橋は1930年に架け替えられたものである)などがある。鹿乗橋はそれらの橋と並び、日本で9番目に古いスチールアーチ橋である。

関連項目編集

外部リンク編集