メインメニューを開く

鹿児島県立高山高等学校(かごしまけんりつ こうやまこうとうがっこう, Kagoshima Prefectural Koyama High School)は、鹿児島県肝属郡肝付町前田に所在した公立高等学校

鹿児島県立高山高等学校
Koyama High School Entrance Kagoshima 200809.jpg
過去の名称 高山村立女子実業補習学校
肝付郡立肝付高等女学校
鹿児島県立高山高等女学校
鹿児島県高山高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 鹿児島県の旗 鹿児島県
学区 大隅学区
校訓 自主・向学・根性
設立年月日 1895年(明治28年)
閉校年月日 2016年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 46154H
所在地 893-1206
鹿児島県肝属郡肝付町前田5025
外部リンク 公式サイト(ブログ)
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

鹿児島県立楠隼中学校・高等学校の新設により、2014年平成26年)度から生徒募集を停止し、2016年(平成28年)3月31日に閉校した。[1]

目次

概要編集

設置課程・学科
全日制課程 普通科
校訓
「自主・向学・根性」
校章
肝付氏の居城である舞鶴城にちなみ、羽を広げたの絵と「高」の文字を組み合わせたものとなっている。
校歌
作詞は峯岸義秋東北大学教授)、作曲は下総皖一東京芸術大学教授)による。歌詞は3番まであり、1番に「高山」が登場する。
制服
男女ともに冬服は紺色のブレザー。胸ポケットに校章が刺繍されている。男子はえんじ色ネクタイと灰色のズボン、女子は赤リボンと灰色のスカートとなっている。また夏服は男子が開襟シャツ、女子はセーラーシャツに赤リボンを着用する。ズボンおよびスカートの色は冬服と同じ。
同窓会
校章にちなみ「まいづる会」と称している。関東と関西に支部を置いている。

沿革編集

  • 1895年明治28年) - 「高山村立女子実業補習学校」が創立。
  • 1921年大正10年) - 「肝付郡立肝付高等女学校」が開校。
  • 1923年(大正12年) - 鹿児島県に移管され、「鹿児島県立高山高等女学校」と改称。
  • 1948年昭和23年)4月1日 - 学制改革により、新制高等学校鹿児島県高山高等学校」が発足。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 「鹿児島県立高山高等学校」(現校名)に改称(県の後に「立」が加えられる)。
  • 1965年(昭和40年) - 1104人の生徒が在籍した。
  • 1981年(昭和56年) - 現在地に移転。
  • 2011年(平成23年)4月 - 曽於学区と合併され、大隅学区となる。
  • 2014年(平成26年)4月 - 生徒募集を停止。[1]
  • 2016年(平成28年)3月31日 - 閉校し,120年の歴史に幕がおろされた。最後の卒業生は31人で,卒業生の総数は14195人[1]

著名な出身者編集

 中村智子  ソプラノ歌手、沖縄県立芸術大学教授、鹿児島国際大学客員教授

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集