メインメニューを開く

鹿島 正裕(かしま まさひろ、1948年(昭和23年) - )は、日本の国際政治学者金沢大学名誉教授

新潟県新潟市生まれ。1971年東京大学教養学部教養学科国際関係論分科卒業。1979年同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。2001年「中東戦争との関連における米国エジプト関係史の研究」で東大博士(学術)。1980-82年エジプト・カイロ大学文学部客員助教授。1982年金沢大学法学部専任講師、84年助教授、1988年教授、2008年同人間社会学域国際学類教授。2013年定年退任、名誉教授。2014-18年放送大学特任教授、石川学習センター所長。

目次

著書編集

  • 『ハンガリー現代史』亜紀書房 現代史叢書、1979
  • 『カイロ大学より』三修社、1985
  • 『中東戦争と米国 米国・エジプト関係史の文脈』御茶の水書房、2003
  • 『中東政治入門 現状はどのように生まれたか』第三書館、2010
  • {増補新版}『中東政治入門 アラブの春とその背景』第三書館、2013

編著編集

  • 『冷戦終結後の世界と日本』編 風行社、1997
  • 『21世紀の世界と日本』編 風行社、2001
  • 『国際学への扉 異文化との共生に向けて』編 風行社、2008
  • 『国際学への扉 異文化との共生に向けて』改訂版 倉田徹共編 風行社、2012

共著編集

  • 菊地昌典編『社会主義と現代世界2 社会主義の現実 I 』山川出版社、1989
  • 伊能武治編『中東における国家と権力構造アジア経済研究所、1994
  • 歴史学研究会編『講座・世界史9 解放の夢――大戦後の世界』東京大学出版会、1996
  • 清水学編『中央アジア 市場化の現段階と課題』アジア経済研究所、1998
  • 北川勝彦編『脱植民地化とイギリス帝国』ミネルヴァ書房、2009
  • M. Riegel & J. Landovsky, eds, "Strategic and Geopolitical Issues in the Contemporary World" Cambridge Scholars Publishing, 2013

翻訳編集

  • レオ・マテス『非同盟の論理 第三世界の戦後史』ティビーエス・ブリタニカ、1977
  • パムレーニ・エルヴィン編『ハンガリー史』1-2 田代文雄共訳 恒文社、1980
  • エドガー・オーウェンズ『開発と自由 発展途上国援助の政治学』風行社、1991
  • L.Z.アイゼンバーグ, N.キャプラン『アラブ・イスラエル和平交渉 キャンプ・デービッド以後の成功と失敗』御茶の水書房、2004
  • アディード・ダウィシャ『民主化かイスラム化か アラブ革命の潮流』風行社、2013
  • ケネス・パーキンズ『チュニジア近現代史  民主的アラブ国家への道程』風行社、2015
  • メフディ・モザッファリ『イスラム主義 新たな全体主義』風行社、2018

脚注編集