メインメニューを開く

鹿嶋バイパス(かしまバイパス)は茨城県潮来市から鹿嶋市を通る国道51号バイパスである。

一般国道
国道51号標識
鹿嶋バイパス
路線延長 4.6 km
開通年 2002年
起点 茨城県潮来市洲崎
終点 茨城県鹿嶋市清水
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

バイパスが茨城県立カシマサッカースタジアムに面していることから、鹿嶋市の大船津から清水までの区間に「スタジアム大通り」という愛称が鹿嶋市によってつけられている。

目次

概要編集

歴史編集

1993年の茨城県立カシマサッカースタジアムの完成とともに、同スタジアムへのアクセス道路となる鹿嶋市神向寺のスタジアム前の一部区間を部分供用開始。続けてスタジアム前から同市大船津の茨城県道238号須賀北埠頭線交点(大船津北交差点)間が供用された[1]。全線開通は、2002年のFIFAワールドカップ(W杯)開催に間に合わせるため、東京方面からの玄関口となる東関東自動車道 潮来インターチェンジ (IC) からW杯開催会場となるカシマスタジアムを結ぶインフラ整備として、茨城県道101号潮来佐原線とともに、残存区間の鹿嶋市清水 - スタジアム前(約1.2 km)と新神宮橋を含めた同市大船津 - 潮来市洲崎(約1.7 km)の各区間および、JR鹿島神宮駅北側の茨城県道18号茨城鹿島線との立体交差工事が急ピッチで進められた[1][2]。鹿嶋市では、「少しでも鹿嶋に訪れる人々に気持ちよく滞在してもらおう」と始めた「花いっぱい運動」によって、市民ボランティアの手による鹿嶋バイパス沿いの花壇づくりを2000年頃から行っている[3]

交差する道路編集

沿道編集

脚注編集

  1. ^ a b 「新神宮橋建設急ピッチ - 進むアクセス道路整備」2002年W杯新生カシマスタジアム特集『茨城新聞』、2001年5月18日付日刊、18・19面〈特集〉。
  2. ^ 「北浦またぐ新神宮橋 - 朝夕の交通渋滞解消へ」『茨城新聞』、2000年8月20日付日刊、13面〈特集〉。
  3. ^ 「夢のW杯へ確かな一歩」ワールドカップ茨城版2002かしまVol.2『茨城新聞』、2000年8月20日付日刊、11面〈特集〉。

関連項目編集