メインメニューを開く

麗人』(れいじん)は、1946年(昭和21年)製作・公開、渡辺邦男監督による日本映画現代劇である。八住利雄が歌人・柳原白蓮の半生をモデルに書いたオリジナル脚本を、渡辺邦男が監督した。公開当時、白蓮本人をはじめ関係者の多くが存命中であり、白蓮事件の人物設定を借りているが、事件を直接描いたものではない。また、同名のサイレント映画『麗人』(松竹蒲田/監督・島津保次郎 昭和5年(1930年)公開)と同じ主題歌を使用しているが、リメイク作品ではない。

麗人
監督 渡辺邦男
脚本 八住利雄
原作 佐藤紅緑
製作 竹井諒
本木荘二郎
出演者 原節子
音楽 古賀政男
主題歌 霧島昇麗人の歌
撮影 川村清衛
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1946年5月16日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

大正初期。婚約者・進一(藤田)が東京市電争議に巻き込まれ検挙されてしまう。何も知らない没落華族の娘・圭子(原)は、婚約を破棄されたと勘違いし、また、わが家の窮状を救うために親子ほど年の離れた九州の新興成金である金満家・井坂(進藤)のもとへ嫁ぐ。彼女の覚悟を知るのは親友の桜町露子(羽鳥)のみ。彼女は今や井坂に飼われた駕籠の鳥であり、愛玩物であった。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

関連項目編集

外部リンク編集