麦芽100%ビール

麦芽100%ビール(ばくがひゃくパーセントビール)は、麦芽およびホップのみを原料とし、コーンスターチなどの副原料を使用しないビールを指す[1]

目次

特徴編集

一般に、麦芽100%ビールは麦の香りが強く、コクのある仕上がりになる。これに対し、副原料を使用したビールは飲み口が軽快なものになる[2]

日本の麦芽100%ビール編集

1971年サッポロビールは第二次世界大戦以前に発売していた「ヱビスビール」を28年ぶりに復活させた。当初は副原料を使用したが、発売半年後に麦芽100%に変更した[3]。1970年代には売上はさほど伸びなかったが、1980年代に入ると伸びを見せ始めた。サッポロは、消費者が「純粋ビール」を望んでいると分析。1985年よりヱビスの低アルコールタイプや、北海道や九州での地域限定商品を投入した。キリンビールは、1985年3月に西ドイツ向けに輸出されていた「エクスポート」を日本でも販売。アサヒビールは「レーベンブロイ」、サントリーは「モルツ」を投入して対抗した[4]1987年から1988年にかけてのドライビールブームで一時的な落ち込みは観られたものの、全てのビールに占める麦芽100%ビールの出荷数量の割合は、1986年の1.5%から1995年には5.9%[5]、1998年には6.8%まで増加した[6]市場占有率は、1986年にはサッポロ59.9%、サントリー33.6%、アサヒ4.3%、キリン2.2%の順であったが、1995年にはサントリー68%、サッポロ23%、キリン9%でアサヒは撤退した。この頃には、サントリーは麦芽100%、サッポロは生ビール、アサヒはドライビール、キリンはラガーと得意分野が分かれていった。

2009年3月発売分より、キリンは一番搾りを麦芽100%に切り替えた[7]

麦芽100%とプレミアムビール編集

1977年から1983年ごろにかけての麦芽100%ビールは高級ビールと位置づけられてきたが、1980年代後半にはレギュラービールとの価格差は縮小していった[4]。現在発売されているプレミアムビールのうち、「ヱビスビール」や「ザ・プレミアム・モルツ」は麦芽100%であるが、「アサヒドライプレミアム豊醸」は米・コーン・スターチ、「ブラウマイスター」は米を使用している。レギュラービールのうちサントリー「モルツ」やキリン「一番搾り」は麦芽100%である。このように、麦芽100%ビールとプレミアムビールは必ずしも同一のものではない。

ヨーロッパの麦芽100%ビール編集

ドイツのビールは、1516年に制定されたビール純粋令により、長らくオオムギ麦芽・ホップ・水・酵母以外を原料とすることが禁じられてきた。欧州統合の流れから、非関税障壁であるとの声が上がり、1987年に純粋令は非合法化された。しかし、それ以降もドイツの多くのメーカーでは従来のビール純粋令に沿った製法でビール作りをしている[12]デンマークカールスバーグ[13]オランダハイネケンなども麦芽100%で製造されている[14]

参考文献編集

  • 水川侑 『日本のビール産業―発展と産業組織論―』 専修大学出版局、2002年5月15日ISBN 978-4-88125-129-4
  • サッポロビール株式会社広報室社史編纂室 『サッポロビール120年史』、1996年3月10日

脚注編集

  1. ^ ビールの豆知識|ビールの種類”. ビール酒造組合. 2017年4月6日閲覧。
  2. ^ お酒のいろは”. 東京国税局. 2017年4月10日閲覧。
  3. ^ 『サッポロビール120年史』p486
  4. ^ a b 日本のビール産業』p92-93
  5. ^ 日本のビール産業』p94
  6. ^ 日本のビール産業』p92-93
  7. ^ “~「麦芽100%×一番搾り製法」で、さらに澄みきったうまさへ。~「キリン一番搾り生ビール」をリニューアル” (プレスリリース), キリンビール, (2009年1月9日), http://www.kirin.co.jp/company/news/2009/0109d_01.html 2017年4月10日閲覧。 
  8. ^ アサヒ ザ・ドリーム”. アサヒビール. 2017年4月10日閲覧。
  9. ^ 原材料名・栄養成分等一覧(ビール・発泡酒・新ジャンル)”. キリンビール. 2017年4月10日閲覧。
  10. ^ 栄養成分一覧”. サッポロビール. 2017年4月10日閲覧。
  11. ^ 栄養成分一覧”. サントリー. 2017年4月10日閲覧。
  12. ^ 世界のビールの歴史 ヨーロッパの統合とビール純粋令”. アサヒビール. 2017年4月10日閲覧。
  13. ^ カールスバーグ”. サントリー. 2017年4月10日閲覧。
  14. ^ FAQ”. ハイネケン. 2017年4月10日閲覧。