黒田 直弘(くろだ なおひろ)は、江戸時代中期の上総国久留里藩の世嗣。通称は鉄三郎。

 
黒田直弘
時代 江戸時代中期
生誕 寛保3年(1743年
死没 天明7年3月28日1787年5月15日
別名 鉄三郎(通称)
上総久留里藩世嗣
氏族 黒田氏
父母 黒田直純
黒田直亨
兄弟 直弘、亀次郎、長吉、京極高慶正室、
津軽著高正室、上田義陳正室、
三枝守富正室、杉浦正勝正室、芳姫、
森光嶢正室
テンプレートを表示

略歴編集

初代藩主・黒田直純の長男として誕生。

父の養子で2代藩主となった黒田直亨(藩祖・黒田直邦の次男)の養子となる。明和元年(1764年徳川家治に初見するが、父が安永4年(1775年)に死去し、直亨が藩主となると、翌安永5年(1776年)に嫡子を辞し廃嫡された。

代わって、直亨の長男・直英が嫡子となった。天明7年(1787年)没。