メインメニューを開く

黒田 直亨(くろだ なおゆき)は、上総久留里藩の第2代藩主。久留里藩黒田家3代。

 
黒田直亨
時代 江戸時代中期
生誕 享保14年閏9月11日1729年11月1日
死没 天明4年閏1月17日1784年3月8日
改名 十五郎(幼名)、直亨
戒名 天栄直亨松樹院
墓所 埼玉県飯能市の能仁寺
官位 従五位下、豊前
幕府 江戸幕府
上総久留里藩
氏族 黒田氏
父母 父:黒田直邦、養父:黒田直純
正室:為子(盛陽院, 有馬氏久の娘)
直英直方直清(三男)、津軽親足黒田泉七郎
九十郎巳津弥、娘(鳥居成純室)、
娘(杉浦正僖正室)、養子:黒田直弘

享保14年(1729年)閏9月11日、先々代の黒田家の当主・黒田直邦の次男として、江戸常盤橋藩邸において生まれる。

享保20年(1735年)に父が死去したとき、まだ7歳という幼少の上に妾腹の息子で、さらに養子としてすでに直純が迎えてられていたため、家督を継げなかった。

寛保3年(1743年)11月、直純の養子として迎えられる。

延享元年(1744年)12月、従五位下、豊前守に叙位・任官する。

安永4年(1775年)、直純の死去により家督を継いだ。

天明4年(1784年)閏1月17日に死去した。享年56。養子の直弘(直純の長男)が家督相続を辞退したため廃嫡し、直亨の長男の直英が跡を継いだ。