メインメニューを開く

黒田 直英(くろだ なおひで)は、上総久留里藩の第3代藩主。久留里藩黒田家4代。

 
黒田直英
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦8年4月25日1758年5月31日
死没 天明6年7月18日1786年8月11日
戒名 雄山直英泰崇院
墓所 埼玉県飯能市の能仁寺
官位 従五位下、大和守、和泉
幕府 江戸幕府
上総国久留里藩
氏族 黒田氏
父母 父:黒田直亨
母:有馬氏久の娘・為子(盛陽院)
兄弟 直英直方、泉七郎、直清津軽親足
九十郎、巳津弥
正室:松平信礼の娘・品子(祇園院)
三五郎、直温直行(三男)
テンプレートを表示

宝暦8年(1758年)4月25日、第2代藩主・黒田直亨の長男として江戸石原の下屋敷で生まれる。

はじめ父は初代藩主・直純の次男の直弘を養子として迎えていたが、安永5年(1776年)9月に直弘が病気を理由に家督相続を辞退したため、代わって世子に指名された。

安永6年(1777年)12月、従五位下、大和守に叙位・任官する。天明4年(1784年)、父の死去により家督を継ぐ。

藩財政再建に尽力するが、天明5年(1785年)に大坂加番に任じられて大坂に赴任していた最中の天明6年(1786年)7月18日、大坂城において死去した。享年29。跡を次男の直温が継いだ。