メインメニューを開く

黒田 長和(くろだ ながとし、1881年1月30日 - 1944年3月8日[1])は、日本の華族男爵貴族院議員。幼名は峯太郎。

経歴編集

福岡藩最後の藩主・黒田長知の四男。母は側室・田代園子[2]。異母兄に侯爵黒田長成がいる。

1891年(明治24年)、断絶した黒田直方家の再興という形で分家し、1896年(明治29年)12月3日、男爵を叙爵し[3]、同月、長和と改名した[4]。1904年(明治37年)7月、学習院高等科を卒業し、東京帝国大学法科大学に入学した。その後、イギリス・ケンブリッジ大学に留学した。1911年(明治44年)7月、貴族院議員に当選する。

妻は子爵毛利高範の娘、久子。長男は男爵・貴族院議員黒田長義。娘の定子は伯爵伏見博英夫人。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 平成新修旧華族家系大成
  2. ^ 『黒田如水伝』五九三頁。
  3. ^ 『官報』第4031号、明治29年12月4日。
  4. ^ 『官報』第4047号、明治29年12月23日。12月22日届出。
  5. ^ 『官報』第1317号「叙任及辞令」1931年5月23日。
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
黒田家(直方家)初代
1891年 - 1944年
次代:
黒田長義
先代:
黒田長清
黒田家分家 初代当主
1891年 - 1944年
次代:
黒田長義