メインメニューを開く

沿革編集

  • 1947年4月 - 東山村内山村の2か村で組合立の黒部中学校創設。校名は「郷土の母なる黒部川の清流に、人間教育の範を求める」という願いを込めて付けられた[2]
  • 1980年4月 - 現在地(下立地区)宇奈月町立宇奈月中学校設置。3月末で廃止した黒部中学校の生徒および入善町立舟見中学校に通学していた愛本地区の生徒を受け入れた[2]
  • 2006年3月31日 - 黒部市立宇奈月中学校に改称。
  • 2020年度 - 黒部市立桜井中学校と統合が予定されている。新校舎は、桜井中学校に置かれる予定[3]

通学区域編集

黒部市立宇奈月小学校の通学区域と同様[4]

周辺編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 黒部市立学校設置条例 別表(第2条関係)
  2. ^ a b 『保存版 魚津・黒部・下新川今昔写真帖』(2007年4月15日、郷土出版社発行)132ページ。
  3. ^ 黒部市が新駅舎建設へ-荻生駅、中学統合、生徒通学で 読売新聞2017年3月18日31ページ富山地方版
  4. ^ 黒部市立小中学校通学区域設定規則 別表(第1条関係)

外部リンク編集