メインメニューを開く
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
富山県道13号標識

愛本橋(あいもとばし)は、富山県黒部市宇奈月町下立と同町中ノ口に跨る、黒部川中流に架かる富山県道13号朝日宇奈月線の一部を形成する。1998年平成10年)には日本百名橋に選定されている。

愛本橋
愛本橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 富山県黒部市
交差物件 黒部川
用途 道路橋
路線名 富山県道13号朝日宇奈月線
建設 1972年昭和47年)7月
座標 北緯36度51分37秒 東経137度33分14秒 / 北緯36.86028度 東経137.55389度 / 36.86028; 137.55389
構造諸元
形式 鋼ニールセン系ローゼ桁橋
全長 130 m
8.6 m
地図
愛本橋の位置
愛本橋の位置
愛本橋の位置
愛本橋の位置
愛本橋の位置
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

歴史編集

旧橋(刎橋)編集

かつては全長61.42メートル (m) 、幅3.62 mにも及ぶ刎橋であったため、山口県岩国市錦川に架かる錦帯橋山梨県大月市桂川に架かる猿橋とともに日本三奇橋の1つといわれていた[1]

かつて黒部四十八ヶ瀬とも言われ、河道が移動する暴れ川であった黒部川下流部を避けて敷かれた、北陸街道の上街道に架かる橋で、加賀藩5代藩主・前田綱紀が架橋を命じたとされる[2]。 綱紀は、弱冠3歳にして父4代藩主・光高が亡くなり5代目藩主となったが、幼少期は3代利常が後見人となって、江戸屋敷にとどまっていた[3]。やがて利常も亡くなり、寛文元年(1661年)7月の18歳(数え年で19歳)のときに初めて領国入りしたときに、参勤路の難所である黒部四十八ヶ瀬を無事に越えて金沢に到着した後、家臣たちを集めて会議を開き、黒部川下流域の入膳宿がある北陸道の下街道を迂回する山沿いに新道を開いて黒部川に橋を渡して諸人の往来を容易にしようと相談した[4]。家臣たちは、領地防衛の要害地に橋を架けることに反対したが、綱紀ただひとりは「国の安危は得失にあり。山河の険阻によるべきにあらず。」と主張してこれを断行したといわれている[4]

橋は、甲斐の猿橋と同じ形式の刎橋で、橋長33、幅10で架橋されて愛本橋と名付けられた[4]。両岸は岩山で上流部をのぞけばもっとも川幅が狭く、洪水時には大量の土石と水が集中する。橋脚は一年も持たずに流されてしまうために橋の中間に立てることが非常に難しく、川の両岸から大木を突き出す構造であった[5]

旧愛本橋が架けられていた場所に近いところには、幕末の儒学者である頼三樹三郎がこの橋を称えた詩碑があり、2015年(平成27年)の北陸新幹線開通、黒部宇奈月温泉駅開駅を機に、地元黒部市では観光資源とするために旧愛本橋(刎橋)の復元を検討している[6][7]

現橋編集

現在の橋は、1969年昭和44年)8月11日の豪雨で、以前の橋が流失したために架け替えられた12代目で、長さ130.0 m、幅員8.6 m、車道幅6.5 m[8]。元の位置から少し下流に、朱色に塗装された橋が架けられている。

年表編集

刎橋復元模型編集

うなづき友学館内にある黒部市歴史民俗資料館には、旧愛本橋の展示室に1/2縮尺の刎橋の一部を復元した模型が展示されており、その歴史や構造などを知ることができる[7]

文学作品等編集

愛本橋の記述が残る作品等[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 角川日本地名大辞典 16 富山県(昭和54年10月8日、角川書店(現・KADOKAWA・DWANGO)発行)51ページ
  2. ^ 歴史秘話ヒストリア参勤交代はつらいよ 加賀百万石 お殿様の遥かな旅」 (NHK 2014年7月16日放送)
  3. ^ 武部健一 2015, pp. 121–122.
  4. ^ a b c 武部健一 2015, p. 123.
  5. ^ 武部健一 2015, pp. 123–124.
  6. ^ 北國新聞公式サイト2010年2月26日「愛本刎橋」復元へ一歩 黒部市視察団、金沢で設計図閲覧
  7. ^ a b 武部健一 2015, p. 124.
  8. ^ 『富山の橋 THE BRIDGES OF TOYAMA』富山県土木部道路課、2012年、22頁。
  9. ^ 宇奈月町史編纂委員会編『宇奈月町史』宇奈月町、1969年、575頁。
  10. ^ 宇奈月町史編纂委員会編『宇奈月町史』宇奈月町、1969年、598-606頁。

関連項目編集

外部リンク編集