メインメニューを開く

龍潭寺(りょうたんじ)は、滋賀県彦根市にある臨済宗妙心寺派寺院。山号は弘徳山。本尊釈迦如来。「だるま寺」や「庭の寺」とも呼ばれる。

龍潭寺
山門
山門
所在地 滋賀県彦根市古沢町1104
山号 弘徳山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦如来
創建年 慶長5年(1600年
開基 昊天宗建
正式名 龍潭禅寺
別称 だるま寺・庭の寺
札所等 井伊家ゆかりのふく福めぐり第9番
びわ湖百八霊場第55番
文化財 東庭、方丈襖絵(彦根市指定文化財)
法人番号 2160005005539
テンプレートを表示

歴史編集

龍潭寺は、天平5年(733年遠江国引佐郡(現・静岡県浜松市北区引佐町)に行基によって開かれたと伝えられる。平安時代中期一条天皇のころに井伊共保がここで葬られたことから、井伊氏菩提寺となった。禅宗寺院となったのは室町時代末期井伊直平の代のようである。

それが、慶長5年(1600年)に井伊直政近江国佐和山城に転封となると、龍潭寺の五世昊天宗建禅師を当地に招いて遠江国から分寺して建立したのがこの寺である[1]

佐和山を借景にした方丈南庭「ふだらくの庭」は枯山水庭園、書院東庭「蓬莱池泉庭」は池泉鑑賞式庭園であり、共に開山・昊天宗建の作庭によるものである。他にも書院北庭「露地庭(ろじてい)」もある。

龍潭寺には禅宗の大学寮が併設されており、その中に造園を学ぶ園頭科(えんずか)があった。その生徒が実習として作成した庭も残っている。茶室の飄々庵(ひょうひょうあん)は小堀遠州井伊直弼などが茶を楽しんでいる。

庫裏の一角にはかつて井伊八幡宮(現・井伊神社)で祀られていた八幡神が鎮座している。

毎年4月1、2日に「だるま祭り」が行われる。

文化財編集

方丈襖絵は、江戸時代俳人蕉門十哲のひとり森川許六1656年 - 1715年)によるものである。

所在地編集

滋賀県彦根市古沢町1104

脚注編集

  1. ^ 石田雅彦著、井伊達夫監修『おんな城主 井伊直虎 その謎と魅力』(アスペクト、2016年)206頁

参考文献編集

  • 彦根城博物館編集・発行 『彦根龍潭寺方丈 森川許六の障壁画』 1989年1月

関連項目編集

外部リンク編集