メインメニューを開く

11jigen(じゅういちじげん)は、2009年頃から2014年頃にかけて科学技術論文における不正行為をインターネット上で大量に指摘した匿名の人物である[1][2]。「捏造ハンター」とも呼ばれた[3]。被指摘者それぞれについてのまとめサイトをブログとして作成し、大学や文科省への告発作業も行った[4][5]。特に2014年STAP騒動で注目を浴びた。

11jigenという名前は、初期の追及対象であるアニリール・セルカンが11次元宇宙を研究したと主張していたことに由来する[6]。「JuuichiJigen」や「Juuichi Jigen」[7]或いはTwitterアカウントの名前である「論文捏造&研究不正」と呼称されることもある[8]

目次

概要編集

2009年平成21年)頃から科学論文における文章盗用や画像の改竄捏造を暴くようになった[1]ボランティアで不正の調査・摘発を行った[1]。特に、STAP細胞小保方晴子の研究不正疑惑[9]における活動が知られている。ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥の論文不正疑惑も取り扱った[3]

自作のブログTwitterYouTube[7]を主な活動場所としていた。自ら発見した論文中の不自然な酷似データや匿名サイトに散らばる追認可能な疑義を迅速に集約し、まとめサイトをブログとして開設し、一部については各研究機関告発文書を送付するという一連の作業を繰り返し行った。

数物系のアニリール・セルカンの追及ブログが初期の代表作ではあるが、告発対象は生命科学に関する研究が多い。日本国内の論文だけではなく、海外の研究者の論文も対象にしている。これまでにウェブ上で疑義を呈した論文の数は300本を超える。また、国際的な論文撤回監視ウェブサイトRetraction Watch[10][11]や、日本の科学研究問題を議論するウェブサイト「日本の科学を考える」[12]にコメントを書き込むこともある。

2019年(平成31年)現在、一般人に対しては匿名を保っている。Science誌には自らを民間企業の生命科学研究者(a life science researcher in the private sector)だと主張した[7]。群馬大学についての告発サイトに掲載されているレターパックの画像には、人間の直筆と思われるものが公開されている[13]。その存在は世界的に広く認知を得ており、例えばアメリカ合衆国の経済誌Forbesは、11jigenのブログをソースにしたディオバン事件に関する記事を、11jigenが該当ブログ[14]を作成してから一週間程度で配信した[15]

広く認知を得た理由は、疑義の指摘が客観的追認可能なものであり、そのウェブサイトの内容に対応する研究不正認定の発表や報道大学マスメディアから何度も行われたからだと推測される。例えば東京大学分子細胞生物学研究所の論文捏造事案については、11jigenがウェブサイトで2012年(平成24年)1月10日に論文24本の疑義について申立書を送ったと記載し[16]、その数ヶ月後に被告発者である教授が引責辞職したことがマスメディアから報道され[17]、2013年(平成25年)7月25日の朝日新聞朝刊一面トップで43本の論文に改竄や捏造の疑いがあることが内部調査のスクープとして報じられ[18]、2013年(平成25年)12月26日に東京大学から発表された不正調査の中間報告において確かに2012年(平成24年)1月10日に告発があったことが記載された[19]

獨協医科大学の論文不正事案への告発文に告発者の氏名が書かれており[20]、同時期にその告発者がインターネットのブログに同じ内容を掲載していると報道されていること[21]や、名古屋市立大学の論文不正事案に係る調査報告書に「ある個人の方」という表現が告発者に対して使われていることなどから[22]、11jigenは各研究機関に対しての告発は実名で行なっていると推測される。

11jigenの行為により、通常なら不正認定が行われるまであまり表にはでなかった研究不正の疑惑が、匿名掲示板などで発覚した場合はすぐに世界中に知識が共有され得るようになった(例えば[7][15]を参照)。そして言わば衆人環境の中で各研究機関がすぐに調査に追われる状況が生まれた。すなわち11jigenの活動は単に不正な研究論文を大量に排除しただけではない。迅速で客観的な公開告発をルーティンワーク化することによって、研究不正問題の認知の拡大と、不正調査の透明性の向上に寄与したといえる。

活動の動機はアニリール・セルカン事件からの”惰性”であり、研究不正者に対する憎悪も無意識の中にはあるかもしれないとしている[23][24][25]

論文撤回Watch管理人や夢見、世界変動展望、匿名Aなどの11jigen以外の追及者が提供した情報も利用していることにしばしば触れている[26][27][28][29][30][31][32]

2014年(平成26年)のSTAP細胞騒動においては、

  1. Nature Letter論文のSTAP細胞のキメラの胎盤画像と、FI-SCのキメラの胎盤画像が酷似している
  2. Nature Article論文のSTAP細胞由来テラトーマ免疫染色画像と、小保方晴子早稲田大学大学院博士論文の骨髄sphere由来テラトーマ免疫染色画像が酷似している
  3. 小保方博士論文の冒頭20ページの文章が、NIHサイトのほぼ完全な剽窃である

という事態を大きく変えた3つの疑義などを提供し、連日マスメディアで大きく報じられた[33][34]

山中伸弥が2000年(平成12年)に発表した論文への疑義は、2ちゃんねるのスレッド「捏造、不正論文 総合スレネオ2」の240番目のレス(2013年3月30日)と511番目(2013年4月6日)のレスが初出であり、11jigenのブログはその内容をまとめて解説したものである。この2ちゃんねるの書き込みをしたのは匿名Aだと11jigenは断定している[35]。11jigenのTwitterアイコンは、STAP細胞論文の疑惑が決定的になった2014年(平成26年)3月中旬までの一年弱はその疑義を表した図であった[36]。ウェブサイトを見た京都大学iPS細胞研究所は自主的に調査を行った。調査の結果、該当する生データは発見されなかったが、山中伸弥が捏造や改竄を行ったとは認定されなかった。STAP細胞騒動の最中の2014年4月下旬に、新潮社からその疑義に関する連絡を受けると、京都大学iPS細胞研究所は調査結果を即日公表し、山中伸弥は記者会見を行った[37][38]。論文を掲載したEMBO Journal誌は不正なしの見解を支持した[39]九州大学中山敬一教授は、山中伸弥への疑義について「言いがかり」と批判した[3]ディオバン事件が発覚する契機を作った由井芳樹は、iPS細胞研究所の調査は終わったようだが疑義を呈された図7Bの右側の8つの標準偏差の一致は非常に奇妙だと、山中伸弥の記者会見から約二年後にInternational Journal of Stem Cells誌で主張した[40]

2014年(平成26年)4月2日に報道された読売新聞との対面取材において、STAP細胞騒動における自身の活動の反響の大きさに戸惑っていることと、研究不正追及からの引退を考えていることを表明した[41]。少なくともTwitterでは2015年5月15日のツイートを最後に新しい活動は行っていない。2015年1月の匿名Aによる論文大量不正疑義事件については驚きをTwitterで示しただけに留まり[42]、2016年8月のOrdinary_researchersによる東京大学への大量告発については何も反応を示していない。

脚注編集

  1. ^ a b c “小保方論文「コピペ疑惑」、ネットが暴いた 「11jigen」「世界変動展望」…謎のブロガーが次々告発”. BIGLOBE News. (2014年3月18日). http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0318/jc_140318_4750304529.html 2014年5月22日閲覧。 
  2. ^ 牧野洋 (2014年4月18日). “STAP細胞報道、ブロガーに完敗したメディアは「取材を尽くした」と言えるのか”. 現代ビジネス. https://gendai.ismedia.jp/articles/-/38999 2014年9月28日閲覧。 
  3. ^ a b c 中山敬一「実は医学論文の七割が再現不可能 小保方捏造を生んだ科学界の病理」『文藝春秋』第92巻第7号、2014年6月、 97頁、2014年5月21日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/339543616139718656
  5. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/173746532225519617
  6. ^ インターネットにおける論文不正発覚史 田中嘉津夫, Journal of the Japan Skeptics, 24号, 4-9 (2015)
  7. ^ a b c d Whistleblower Uses YouTube to Assert Claims of Scientific Misconduct SCIENCE INSIDER 25 January 2012
  8. ^ “小保方さん博士論文、大量コピペか 20ページ分が酷似”. 朝日新聞. (2014年3月11日) 
  9. ^ 小野昌弘. “嘘とポエムと内部告発”. Yahoo News. http://bylines.news.yahoo.co.jp/onomasahiro/20140608-00036149/ 2014年9月28日閲覧。 
  10. ^ About Adam Marcus” (英語). Retraction Watch (2010年8月3日). 2019年3月10日閲覧。
  11. ^ Oransky, Author Ivan (2012年3月28日). “Japanese universities find pair of researchers guilty of misconduct in 19 papers” (英語). Retraction Watch. 2019年3月10日閲覧。
  12. ^ 捏造問題にもっと怒りを | 【帰ってきた】ガチ議論”. scienceinjapan.org. 2019年3月10日閲覧。
  13. ^ http://blog.goo.ne.jp/gunma-netsuzou
  14. ^ http://komuroissei.blogspot.com/
  15. ^ a b Suspicions Raised About Another Japanese Cardiovascular Researcher Forbes 2013年5月10日
  16. ^ http://blog.goo.ne.jp/bnsikato
  17. ^ 朝日新聞 2012年04月05日
  18. ^ 東大43論文に改ざん・捏造疑い 元教授グループ 朝日新聞 瀬川茂子 2013年7月25日
  19. ^ 記者会見「東京大学分子細胞生物学研究所旧加藤研究室における論文不正に関する調査(中間報告)」の実施について 東京大学 2013年12月26日
  20. ^ 独協医大:不正論文で調査 学長に告発文 栃木 毎日新聞 地方版 2011年2月10日
  21. ^ 独協医大で「不正論文」の告発 栃木 産経新聞 地方版 2011年2月9日
  22. ^ 研究上の不正疑義に関する調査結果を公表しました 名古屋市立大学 2012年3月19日
  23. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/345602387584618496
  24. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/461809356632494080
  25. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/461811287186763776
  26. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/341276073436278784
  27. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/445119530898321408
  28. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/334704733627502592
  29. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/461376080142954496
  30. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/331175030731976704
  31. ^ http://diovan-novartis.blogspot.jp/2013/05/tweet_11.html
  32. ^ http://diovan-novartis.blogspot.jp/2013/05/tweet.html
  33. ^ STAP細胞、博士論文の画像転用か 理研も把握 産経新聞 2014年3月10日
  34. ^ 小保方氏の博士論文 20ページが米NIHサイトとほぼ同じ 産経新聞 2014年3月12日
  35. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/460792440547319809
  36. ^ https://c.disquscdn.com/uploads/users/6426/5821/avatar92.jpg
  37. ^ “京大iPS細胞研究所山中伸弥教授、過去論文に画像の切り貼りなどの疑惑で釈明会見も生データ発見出来ず「反省、おわび」”. 日刊時事ニュース. (2014年4月29日). http://www.xanthous.jp/2014/04/29/yamanaka-shinya-suspicion/ 2014年9月28日閲覧。 
  38. ^ 2000年にThe EMBO Journalに掲載された論文について”. 京都大学iPS細胞研究所 (2014年4月28日). 2014年9月28日閲覧。
  39. ^ “「山中教授の論文、不正なし」掲載誌が調査結果”. 朝日新聞デジタル. (2014年5月12日). http://www.asahi.com/articles/ASG5D5HL2G5DPLBJ005.html 
  40. ^ Questions Surrounding iPS Cells in Japan. 2016年5月30日
  41. ^ 読売新聞朝刊 2014年4月2日
  42. ^ https://twitter.com/JuuichiJigen/status/552517583375982595

関連項目編集

外部リンク編集

代表的なまとめサイト