15号族(15ごうぞく)はサラブレッドの牝系(母系)のひとつ。イギリスクラシック勝利数は9勝で、15号族という比較的小さい番号が振られているが、活躍馬は19世紀中ごろまでに集中しており現在勢力は極めて小さい。日ごろ見かけることの少ない牝系である。日本にも子孫は殆ど入ってきておらず、大競走の勝ち馬は皆無、スルガスンプジョウが1970年代に重賞を3勝したほかはアエロプラーヌがいた程度であった。しかし2008年牡馬クラシック路線にてスマイルジャック(アエロプラーヌの全妹カイウンテンシの孫)が日本ダービー2着、重賞3勝をあげる活躍を見せた。2010年代には再び活躍馬が散見されるようになっており、欧州でウィンター(Winter)やデフォー(Defor)がG1競走に優勝、2020年には日本でもダノンザキッドホープフルステークスを制してG1馬となった。

牝祖はロイヤル・メアRoyal Mare、グレーホワイノットの母とも呼ばれる)。

  • セリマ(Selima、1746年・英)は21号族として扱う。詳細は21号族参照。

牝系図編集

  • Royal Mare -- F-No.15
    • Whynot Mare(Whynot)
      • Castaway Mare(Castaway)
        • Dimple Mare(Dyer's Dimple)
          • Crab Mare(Crab
            • Charlotte(1756, Blank)
              • Syphon Mare(1772, Syphon)
                • Violet(1787, Shark)
                  • Tooee(1799, Buzzard)
                    • Vourneen(1810, Sorcerer)
                      • Mrs. Fly(1823, Walton)
                        • Gitana(1828, Tramp)
                          • The Wryneck(1842, Slane) -- F-No.15-b
    • Grey Whynot(Whynot)
      • Points(St. Victor's Barb)
        • Flying Whigg(1715, Williams's Arabian)
          • Little Hartley Mare(1727, Bartlet's Childers
            • Miss Meredith(1751, Cade
              • Shepherd's Crab Mare(1760, Shepherd's Crab)
                • Snap Mare(1767, Snap
                  • Highflyer Mare(1786, Highflyer
                    • Eaton Lass(1793, Pot 8o's
                      • Sir Peter Teazle Mare(1801, Sir Peter Teazle
                        • Vesta(1823, Governor)
                          • Venus(1832, Langar) -- F-No.15-a
          • Large Hartley Mare(1729, Hartley's Blind Horse)