メインメニューを開く

1884年のメジャーリーグベースボール

< 1884年 | 1884年のスポーツ

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1884年のできごとを記す。

アメリカン・アソシエーションではニューヨーク・メトロポリタンズが初優勝し、ナショナルリーグではプロビデンス・グレイズが5年ぶり2度目の優勝し、この年に創設されたユニオン・アソシエーションではセントルイス・マルーンズが最初にして最後のシーズンを優勝した。セントルイス・マルーンズは翌1885年にナショナルリーグに加盟した。

目次

できごと編集

ユニオン・アソシエーション編集

前年の12月12日にユニオン・アソシエーションが創設され、この新設のリーグはたちまちナショナルリーグとアメリカンアソシェーションの選手に猛烈に働きかけて約50名の選手が参加したが、その後選手の多くが中途で翻意し、またシーズンが始まってからも古巣に戻る選手が出て、ユニオン・アソシエーションはこの年限りでわずか1年で解散した。ただユニオン・アソシエーションの動きは、既存の2つのリーグに混乱をもたらした。

この新しい動きへの対抗策としてアメリカン・アソシエーションは球団数を増やし、前年の8チームから12チームになったが、結果は全球団が赤字となった。またシーズン当初に首都ワシントンではユニオン・アソシエーションにも、アメリカン・アソシエーションにも「ワシントン・ナショナルズ」という同名の球団が複数併存する事態となって、アメリカン・アソシエーションのワシントン・ナショナルズはシーズン途中で解散したため、リッチモンド・バージニアンズが交代して加盟し、シーズン後半の試合を行ったため、この年のアメリカン・アソシエーションは13球団となった。

一方ナショナルリーグではクリーブランド・ブルースが主力投手のジム・マコーミックヒュー・デイリー、中心打者のフレッド・ダンラップをユニオン・アソシエーションの各チームに取られ、クリーブランド・ブルースは弱体化してこの年に35勝77敗で勝率.329の成績となり、チームは解散を余儀なくされた。しかも解散に追い込んだユニオン・アソシエーション会長でありセントルイス・マルーンズのオーナーでもあったヘンリー・ルーカスは、抜け目なくここに目をつけて、クリーブランド・ブルースのフランチャイズ権をセントルイス・マルーンズが買い取り、翌年にユニオン・アソシエーションの公式試合を中止して協会を解散させ、自身はナショナルリーグに加盟することで苦境を乗り切った。

ただし、このセントルイスにナショナルリーグの球団がフランチャイズを置くことは、実は前年秋にナショナルリーグアメリカン・アソシエーションとマイナーリーグのノースウェスタンリーグとの三者協定でそれぞれのリーグの地域権を尊重する、という1項目に明らかに違反するものであった。ところが、被害を受けたはずのアメリカン・アソシエーション にも問題が起こっていた。弱体化して解散したクリーブランド・ブルースの選手たちを、この1884年に加盟したばかりのブルックリン・アトランティックス(後のドジャース)が球団を買収した形でアトランティックスに入団させたことが、同じ前年秋の協定で選手間の移動について当該リーグと10日以内に協議をするとの1項目にも明らかに違反した行動であった。当然ナショナルリーグはアメリカン・アソシエーションに当該球団のブルックリン・アトランティックスの除名を要求した。そして、この同時に起こった両方のリーグの問題は政治的な取引の材料となって、双方ともに不問に付す決着となった。

その他編集

  • 1884年8月28日、ニューヨーク・ゴッサムズ対フィラデルフィア・クエイカーズ戦で、ゴッサムズの投手ミッキー・ウェルチは1回先頭打者から3回まで「9者連続三振」という記録を打ち立てた。ただし9人目の打者が「振り逃げ」だったため、当時の公式記録に三振として記載されないという誤りがあり、そのため、ウェルチの9者連続三振の記録は認知されないままになっていたが、1941年になってハリー・シモンズという野球史研究家がこの間違いを指摘し、ウェルチの記録は達成後50年以上たって認められた。そして80年以上もメジャーリーグ記録として残ることになったが、この記録は1970年にニューヨーク・メッツのトム・シーバーが10者連続三振を記録して破られた。ウェルチは1880年にトロイ・トロージャンズに21歳で入団し1883年にニューヨーク・ゴッサムズ(翌年からジャイアンツ)に移り、1892年まで在籍した。通算307勝(311勝とする資料もある)で史上3人目の300勝投手であった。1973年に殿堂入りしている。
  • プロビデンス・グレイズはユニオン・アソシエーション創立の影響を受け、二枚看板の一人だったチャーリー・スウィーニーがシーズン途中で移籍してしまったため、もう一人のエースだったチャールズ・ラドボーン はこの事態を逆手に取り、「残り試合を全て投げる」ことを条件にFA権の獲得を球団と交渉したという。スウィーニーの退団後にラドボーンは以降37試合連続で先発し、18連勝を含めて32勝を上げた。彼は8月7日から9月18日までの40日間で26勝1分けの成績を上げている。そしてこの年ラドボーンの登板回数は実に75試合になり(73試合に先発し全試合完投。抑えで2試合登板)、シーズン通算で60勝を挙げただけでなく、奪三振441、防御率も1.38を記録、投手部門の三冠を手中にする。(この年は勝率とセーブ数もトップ)投手三冠王とセーブ王の同時獲得は史上初の快挙で投手全タイトル制覇(当時はタイトルではないものもある)を達成し、勝率でもトップになったため、史上初の投手主要5部門制覇(投手五冠王)を達成した。但し公式記録は60勝だが後に調査した結果、先発で5回まで投げた投手を勝利投手とせず、6回から投げたラドボーンを勝利投手としたケースがあってこの場合はラドボーンをセーブに変更するなどして、この年の勝利数は59勝になった。

全米選手権(19世紀のワールドシリーズ)編集

この年のシーズン終了後、ナショナルリーグの優勝チームプロビデンス・グレイズと、アメリカン・アソシエーションの優勝チームニューヨーク・メトロポリタンズの間で、10月23日から25日の3日間、両チームによる3連戦がニューヨーク州マンハッタンポロ・グラウンズで行われ、プロビデンス・グレイズが3連勝した。この試合は全米選手権(The Championship of the United States)の名称で開催され、後に19世紀のワールドシリーズとされている。ポストシーズンに年間王者を決めるのはこれが初めてであった。ただ観客数は第1戦は2500人を集めたが、第3戦はわずか300人がスタンドで見守っていた。セントルイス・マルーンズは参加していない。

規則の改訂編集

  • 投手の投球の角度に関する制限は取り除かれ、投球動作に関しての制限がすべて撤廃された。
  • 1879年に始まった「打者は«ボール»を9つ見逃せば1つの塁を与えられる」(九球)は、その後1880年に(八球)となり、1881年に(七球)となり、この年1884年に(六球)となった。1889年に四球となって現在に至っている。

最終成績編集

アメリカン・アソシエーション編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・メトロポリタンズ 75 32 .701 --
2 コロンバス・バックアイズ 69 39 .639 6.5
3 ルイビル・エクリプス 68 40 .630 7.5
4 セントルイス・ブラウンズ 67 40 .626 8.0
4 シンシナティ・レッドストッキングス 68 41 .624 8.0
6 ボルチモア・オリオールズ 63 43 .594 11.5
7 フィラデルフィア・アスレチックス 61 46 .570 14.0
8 トレド・ブルーストッキングス 46 58 .442 27.5
9 ブルックリン・アトランティックス 40 64 .385 33.5
10 リッチモンド・バージニアンズ 12 30 .286 30.5
11 ピッツバーグ・アレゲニーズ 30 78 .278 45.5
12 インディアナポリス・フージャーズ 29 78 .271 46.0
13 ワシントン・ナショナルズ 12 51 .191 41.0

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 プロビデンス・グレイズ 84 28 .750 --
2 ボストン・ビーンイーターズ 73 38 .658 10.5
3 バッファロー・バイソンズ 64 47 .577 19.5
4 ニューヨーク・ゴッサムズ 62 50 .554 22.0
4 シカゴ・ホワイトストッキングス 62 50 .554 22.0
6 フィラデルフィア・クエイカーズ 39 73 .348 45.0
7 クリーブランド・ブルース 35 77 .312 49.0
8 デトロイト・ウルバリンズ 28 84 .250 56.0

ユニオン・アソシエーション編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・マルーンズ 94 19 .832 --
2 ミルウォーキー・ブルワーズ 8 4 .667 35.5
3 シンシナティ・アウトロー・レッズ 69 36 .657 21.0
4 ボルチモア・モニュメンタルズ 58 47 .552 32.0
5 ボストン・レッズ 58 51 .532 34.0
6 シカゴ・ブラウンズ 41 50 .451 42.0
7 ワシントン・ナショナルズ 47 65 .420 46.5
8 フィラデルフィア・キーストーンズ 21 46 .313 50.0
9 セントポール・ホワイトキャップス 2 6 .250 39.5
10 アルトゥーナ・マウンテンシティー 6 19 .240 44.0
11 カンザスシティ・ユニオンズ 16 63 .203 61.0
12 ウィルミントン・クイックステップス 2 16 .111 44.5

個人タイトル編集

アメリカン・アソシエーション編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 デーブ・オル (NYP) .354
本塁打 ジョン・レイリー (CIN) 11
打点 デーブ・オル (NYP) 112
得点 ハリー・ストービー (PHA) 124
安打 デーブ・オル (NYP) 162

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ガイ・ヘッカー (LOU) 52
防御率 ガイ・ヘッカー (LOU) 1.80
奪三振 ガイ・ヘッカー (LOU) 385
投球回 ガイ・ヘッカー (LOU)) 670.2
セーブ フランク・マウンテン (COL) 1
ハンク・オーデイ (TOL)
オイスター・バーンズ BAL)


ナショナルリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 キング・ケリー (CHC) .354
本塁打 ネッド・ウィリアムソン (CHC) 27
打点 キャップ・アンソン (CHC) 102
得点 キング・ケリー (CHC) 120
安打 エズラ・サットン (BSN) 162
ジム・オルーク (BUF)

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 チャールズ・ラドボーン (PRO) 59
防御率 チャールズ・ラドボーン (PRO) 1.38
奪三振 チャールズ・ラドボーン (PRO) 441
投球回 チャールズ・ラドボーン (PRO) 678.2
セーブ チャールズ・ラドボーン (PRO) 2
ジョン・モリル (BSN)

ユニオン・アソシエーション編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 フレッド・ダンラップ (STM) .412
本塁打 フレッド・ダンラップ (STM) 13
得点 フレッド・ダンラップ (STM) 161
安打 フレッド・ダンラップ (STM) 185

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ビル・スウィーニー (BLU) 40
防御率 ジム・マコーミック (COR) 1.54
奪三振 ヒュー・デイリー (CPI/WHS) 483
投球回 ビル・スウィーニー (BLU) 538.0
セーブ ビル・テイラー (SLM) 4

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』≪第1章ナショナルリーグの確立≫ 47-50P参照  鈴木武樹 著  1971年9月発行  三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀 ~その歴史とスター選手~』≪ミッキー・ウェルチ≫ 35P参照  週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』≪1884-1904  ポストシーズン・ヒストリー≫ 上田龍 著 84P参照 2001年10月発行 ベースボールマガジン社
  • 『誇り高き大リーガー』≪アメリカ野球小史≫ 192P参照  八木一郎 著  1977年9月発行  講談社
  • 『大リーグへの招待』≪野球規則の変遷≫ 88P参照  池井優 著  1977年4月発行  平凡社

参考編集